クリップしました

クリップ一覧を見る

結婚挨拶の女性の服装選びのポイント!好印象になる秘訣とは

結婚挨拶の女性の服装選びのポイント!好印象になる秘訣とは

ウェディング診断

彼のご両親へ挨拶をする際に気になるのが服装ですよね。 できるだけ好印象を持ってもらいたいからこそ、どんな服装を着たらいいのかとても迷ってしまうと思います。相手のご両親に「素敵な子だな」と思ってもらえるようなポイントをご紹介します。最低限の服装マナーを知っておきましょう。

 

おすすめの服装とは?ワンピースやアンサンブルのニットを着用しよう

結婚挨拶の場というのはプライベートではあるものの、 社会人としての常識を問われる場所です。清潔感のあるきちんとした格好ができるかどうか、というのは相手のご両親も気になるところでしょう。

自分らしさにこだわる場所ではないので、奇抜な服装や個性の強い服装は控えるようにしてください。

 

相手のご実家を訪問する際は

  • ワンピース
  • アンサンブルニット
  • カーディガンとスカート
  • スーツ

などがおすすめです。スーツを選ぶ際はノーカラータイプのジャケットを選ぶと女性らしさが出て好印象です。

 

ワンピースの選び方

格式はセミフォーマルで

結婚挨拶時に着用するワンピースはセミフォーマルのものを選びましょう。セミフォーマルとは、フォーマルウェアの次に格式の高い準礼装です。女性らしく品がある服装なのでおすすめです。素材はカシミヤシルク、ジャガードなど光沢が強くギラギラしないものを選びます。

 

清潔感のある明るい色で

色合いはできるだけ明るいパステルカラーやネイビーベージュなどを選びましょう。シンプルで女性らしい定番のシルエットがおすすめです。 過度な露出や体のラインが浮き出るタイトなワンピースは控えましょう。イメージとしては「清楚なお嬢さん」です。

 

スカートの丈に注意

膝丈もしくは膝下丈のものを選んでください。座った時にちょうど膝が隠れるぐらいが目安です。和室でも洋室でも対応できるようにしておくのがベストです。和室で正座をすることになっても座りづらくない丈の長さを選んでください。

 

アンサンブルニットの選び方

淡く明るい色を選ぶ

アンサンブルニットを選ぶ際はペールブルーやパステルピンク、ベージュ、ホワイト、 レモンイエローなどの爽やかで明るい色選びましょう。パステルカラーを選ぶとより柔らかい印象になります。派手すぎる柄や季節感のない素材は避けてください。

 

カジュアルになりすぎないように注意する

アンサンブルニットとは素材や形など種類が豊富なので、場合によってはオフィスカジュアルのような雰囲気が強くなってしまったり、 休日に友人とランチを楽しむようなラフなスタイルになってしまったりします。あくまでも結婚挨拶はフォーマルな場面なので、きちんとした清潔感のあるスタイルを意識してコーディネートしてください。

 

スーツの選び方

ライトグレーなどの明るい色を選ぶ

スーツを着て行くときは明るい色を選びましょう。女性らしいベージュやライトグレーなどがおすすめです。ネイビーやブラックのスーツを着用する場合はインナーに明るい色を入れるようにします。

 

ビジネスライクになりすぎないように注意する

スーツで結婚挨拶に望む場合はリクルートのような雰囲気にならないように注意しましょう。ビジネスライクではなく、あくまでもきちんとした服装としてスーツを着用します。 パンツよりも膝丈のスカートの方が好印象でしょう。もちろんリクルートスーツは NG です。

 

結婚挨拶のときのコートや靴、バッグの選び方とは?

次にコートに合う靴バッグの選び方を見ていきましょう。こちらも服装と同様に社会人として押さえておくべきマナーがあります。

 

ファッション性の高いコートは NG

ファーコートやモッズコートなど、結婚の挨拶という場にはふさわしくないファッション性の高いコートは着用しないようにしてください。奇抜な柄や形のものは控えましょう。おすすめなのはチェスターコートやトレンチコートなどきちんとした雰囲気に見えるものです。グレー、ベージュ、ネイビー、ブラックなどの落ち着いた色を選びましょう。

 

靴はよく見られる場所!慎重に選びましょう

相手のご両親に意外と見られているのが靴。傷んでいないか、汚れがないかなどしっかりとチェックして履きたいところです。

フォーマルであり着脱のしやすいパンプスがおすすめです。ただし、当日靴を新調すると靴擦れを起こしてしまう可能性もあるので事前に履き慣らしておきましょう。

ヒールは細めで3〜5㎝くらいの高さを選びます。黒のパンプスが落ち着いた印象になり、おすすめです。もちろん、ブーツやスニーカー、ミュールやサンダルなどつま先が出るものはNGです。肌色のストッキングを着用します。派手なストッキングや素足はNGです。

 

バッグは最低限必要なものが入るくらいのコンパクトなもので

バッグはお財布やハンカチ、リップなど最低限必要なものが入るくらいのコンパクトなものがおすすめです。派手なものや高級すぎるものは避け、シンプルなデザインのクラッチバッグやハンドバッグを選びましょう。

 

ヘアやメイク・ネイルのマナーは? 

髪に何度も触らないように注意

何度も自分の髪の毛に触るのはあまり好ましくありません。髪の毛を触るクセがある場合は意識する必要があります。また、お茶を飲むときに両サイドの髪の毛が邪魔にならないように、上品にまとめておきましょう。

 

メイクは表情が明るく見えるナチュラルメイクで

結婚挨拶当日のメイクは清潔感があり、表情が明るく見えるようなナチュラルメイクを施していきましょう。ノーメイクは社会人としてのマナーに反するので控えてください。濃すぎるメイクやファッション性の強いメイクは NG です。

 

ネイルは上品なカラーで

手先は意外と相手の目がいくところなので爪の手入れはしっかりと行なっておきたいところです。不潔な印象を抱かせたり普段はだらしないと思われたりしないように注意しましょう。派手すぎない薄いピンクやベージュなどのナチュラルカラーでネイルを施すのがおすすめ。長すぎる爪や付け爪は NGです。

 

強すぎる香水・派手なアクセサリーは注意!

結婚挨拶をする際には香水のつけすぎに十分に注意して下さい。強い匂いは相手を不快にさせているかもしれません。香水が強くなりすぎていないか、事前に彼に確認してもらいましょう。できれば香水はつけて行かない方が無難です。

また、アクササリーはシンプルなネックレスだけにするなど必要最低限のものだけにしましょう。派手すぎず、高価すぎないものがおすすめです。

結婚挨拶までに婚約指輪をいただいていたとしても、当日はつけないほうがいいです。あくまでも結婚挨拶はふたりの結婚を承認してもらう場所。承認を得てから婚約指輪をお披露目しましょう。

 

結婚挨拶の女性の服装マナーを知っておこう

第一印象はその後の関係性にも大きく影響を与えるものです。今後とも長いお付き合いをしていくことになる相手のご両親との初対面には、 できるだけ良い印象を持ってもらうことが大事です。社会人としてのマナーを守って、清潔感のある服装で当日に臨みましょう。

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK