クリップしました

クリップ一覧を見る

お揃いコーデでより華やかな結婚式に♡リゾートウェディングならではのブライズメイドはいかが?

お揃いコーデでより華やかな結婚式に♡リゾートウェディングならではのブライズメイドはいかが?

最近、リゾートウェディングも増えて、国内の披露宴会場でも海外のようなオシャレな結婚式をしたいという方が増えています。
その影響もあって、家族や友人の結婚式が沖縄でリゾートウェディングをすることが決まったので、リゾートならではの演出をしたい!という方もいるのでは?何かしたいとは思うけど、具体的に何かと思い浮かばない・・・そういう時にはブライズメイドはいかがでしょうか。

海外挙式で多いブライズメイド。一度は見かけたことがある方も多いかもしれません。
挙式当日に数名でお揃いのドレスを着て、花嫁と一緒に写真を撮る女子で可愛い!オシャレ!というイメージが先行する方も多いと思いますが、そもそもどういうもの?日本でも取り入れることが出来るの?等の疑問も浮かぶのではないでしょうか。
結婚式をするなら一度はしたい!と思っている方も多いブライズメイドについて詳しくご説明します。この機会に少し知ってみましょう。

 

ブライズメイドとは

花嫁のサポート役で、新婦と付き添い人や立会人として結婚式で花嫁側に立つ女性のことを指します。花嫁の友人はもちろんのこと、親族や姉妹の中から未婚の女性が務めるのが一般的とされています。花嫁(Bride)のお世話役(maid)というのがブライズメイドの意味です。
元々は中世のヨーロッパで結婚するカップルを妬んだ悪魔がやって来るといわれていて、その悪魔の目を混乱させるという目的でドレスを着て花嫁に付き添わせたという由来があります。

原則として、花嫁が着るウェディングドレスが白色なので、ブライズメイドの着るドレスや衣装は、白以外とされています。花嫁を引き立てる可愛いお世話役なので、何色を着ても素敵ですよね。
花嫁のカクテルドレスの色に被らないように事前に密かにリサーチするのも大切です。
海外では、挙式でブライズメイドが壇上に上がり、花嫁のお世話役をすることが多いですが、日本では、特に決まりはないので、いろいろなシーンで登場することが出来るのも良い点かもしれません。

 

挙式会場で一斉に登場する

挙式では、新郎・新婦を含め、親族も含めて緊張しています。その場を和ませる、華やかにするという意味でも取り入れてみても良いかもしれません。また、沖縄の挙式会場は、海が見えるようにガラス越しだったり、挙式会場が外で目の前はエメラルドグリーンの海が一面に広がっているというパターンもありますので、よりリゾート感を感じさせることが出来ますね。

 

フラワーシャワーを配る役をする

幸せのおすそ分けを会場の参列者全員に配り、幸せな気持ちを運びましょう。新婦だけでなく、新郎側の参列者ともコミュニケーションをとれるので、ブライズメイドをしてくれる友人や姉妹を自慢できる素敵な機会でもあります。

沖縄なので、フラワーシャワーをハイビスカスにしても可愛いですね

 

ブライズメイドが並ぶとより一層キュート!受付係

どの結婚式においても受付係は必要となってきます。しかし、リゾートウェディングだと、参列者も限られてくるので、ブライズメイドにおもてなしをお願いするのもいいかもしれません。花嫁の友人や姉妹なら間違いないので、新婦も安心ですね。

 

ブライズメイドでとにかく会場が華やかになる

花嫁と花婿は衣装やドレスが白の場合が多いので、グループで同じ色を着ていると目立ってそれだけでぱっと華やかになります。より一層結婚式が盛り上がる素敵な演出が出来ますね。

 

映画のワンシーンのような演出が出来る

海外の映画では、挙式シーンでブライズメイドが出演する作品が多くなっています。最近では、シンプルでオシャレなウェディングも増えているので、まるで映画に出演している映画女優の気分に浸れますね。

  • 挙式がナチュラルテイストであれば、爽やかなグリーンやパープルのドレス
  • 沖縄のキレイな海と合わせるのであれば、淡いブルーのドレス
  • ドレスの丈もそれぞれ
  • ロング丈
  • 膝丈
  • ノースリーブ

 

ブライズメイドをお願いするときに渡す「ブライズメイドボックス」があるのはご存知でしょうか

海外では、世話役をお願いするということで、「ありがとう」「お願いします」という意味や想いも込めて、ちょっぴりリッチで特別感のあるものをギフトボックスに詰めて贈る習慣があります。特に決まり事はありませんが、普段使えるボディーケア用品(ボディークリーム、ハンドクリーム)やアロマキャンドル、コスメアイテム等、女子力が高いブライズメイドに贈るものとして普段自分ではなかなか買わないようなものをプレゼントする機会です。花嫁のためを想ってブライズメイドをしてくれてるという感謝を込めて渡すとよいですね。

欧米では、ブライズメイドのドレスや衣装代については花嫁が負担するというのが一般的と言われています。最近では、プチプラで可愛いドレスも多く販売されていますので、一度探してみてくださいね。

リゾートウェディングでのブライズメイドはいかがでしたか。どのドレスや演出をするか迷いますが、それも楽しみの一つですね。何をしても新郎・新婦は喜んでくれると思うので、楽しく計画するのがおすすめです。

関連キーワード

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK