クリップしました

クリップ一覧を見る

沖縄でガーデンウェディングを挙げるカップル必見!ゲストの服装にまつわる基本知識と3つのポイント

沖縄でガーデンウェディングを挙げるカップル必見!ゲストの服装にまつわる基本知識と3つのポイント

ウェディング診断

沖縄の青い海と広い空をバックにしたガーデンウェディング。リゾートウエディングはきっと、誰もが憧れることでしょう。
しかし、リゾートウエディングは楽しみが多い反面、疑問点も付きもの。
特に、服装のことはゲストに失礼の無いようしっかり理解したいところです。
そこで今回は、沖縄ガーデンウェディングの服装に関するポイントをご紹介します。

 

基本は通常の結婚式と同じでOK。沖縄らしくかりゆしウェアやサマードレスもOK!

結婚式だけどリゾート……リゾートされど結婚式……。

通常の結婚式に比べてカジュアルだと聞いているけど、服装もカジュアルでいいのかな……?でも結婚式だしフォーマルに決めたほうがいいの……?

確かにリゾートウエディングのドレスコードはどこまでカジュアルにしていいか悩みがちです。

先に答えを申し上げますと、通常の結婚式と同じで、スーツやドレスを着るのが基本です。

ただし、やはりガーデンウエディングや沖縄ならではのポイントもあります。まずは沖縄のガーデンウエディングで着てもOKな服装をご説明します。

 

沖縄の正装「かりゆしウェア」

沖縄には「かりゆしウェア」という、夏の間に着用される沖縄の正装があります。
元々はアロハシャツがモチーフになっていることから、シャツの形のような基本的なデザインはアロハシャツと同じです。
仕事着としても使用されており、沖縄では多くのビジネスシーンで着用されています。
「正装」ですので、もちろん結婚式のゲストが着用しても問題ありません。ガーデンウエディングのカジュアルな雰囲気とマッチすることはもちろん、涼しくて快適に過ごすことができます。植物や民族的な色柄をあしらっており、ガーデンやビーチでの集合写真にも映えます。

関連記事:

 

涼しくて華やかな「サマードレス」

View this post on Instagram

ワンピース、ドレス専門店 la vie en rose . . ロングワンピース マキシワンピ 花柄 オフショルダー フリル袖 フレア スリット リボン レディース 春夏 リゾート アプリコット、グリーンの2色があります♩ 夏を楽しめる花柄のマキシワンピース。 深めのスリットがセクシーで大人の女性をイメージ。 オフショルダ―でデコルテを綺麗に演出してくれます。 タウンユースはもちろん、リゾートにもおすすめ♪ ミュールやサンダルに相性ピッタリ 気になる方は プロフィール欄から ショップURLを押してネ⭐️ ******************** 🎀是非コチラからお立ち寄りください🎀 ↓ @lavieen001 プロフィールページのリンクからショップにアクセス! ショップのトップページから 「w029」と検索いただけるとご覧いただけます☆ 気に入って頂けましたら、フォローも宜しくお願いします❤️ ******************** . . #海コーデ #洋服大好き #お洒落が好きな人と繋がりたい #葉っぱ #いいねした人全員フォローする #サマーワンピース #いいね返しは絶対 #オトナ女子コーデ #リーフ柄 #プチプラ通販 #トレンドコーデ #ボタニカル #ファッション部 #カジュアルファッション #ボタニカル柄 #可愛いは作れる #韓国ファッション #インスタファッション #リゾートワンピ #可愛い服 #レディースファッション通販 #韓国好きな人と仲良くなりたい #リゾートコーデ #お洒落さんと繋がりたい #おしゃれ大好き #コーディネート探検隊 #ビーチスタイル #海外ファッション通販 #レディースアパレル #春夏コーデ

A post shared by lavieen001 (@lavieen001) on

サマードレスは文字通り夏用に作られたワンピース型のドレスで、涼しくゆったりしたデザインが特徴です。
リゾートでの着用を想定したデザインも多く、カラフルな花やボタニカル柄が鮮やかで、沖縄のリゾート感を盛り上げてくれます。
靴の合わせは屋外を想定するとヒールが太めなパンプスを合わせるのがベターです。また、ビーチなどのシーンに合わせて、サンダルやミュールも選択肢に入レテおきましょう。
決まった組み合わせの形があるわけではないので、会場のロケーションに合わせてチョイスしてみてくださいね。

 

アロハシャツ&ムームー

アロハシャツ&ムームーの組み合わせもアリです。
本来ハワイの服装なのですが、ガーデンウエディング自体がカジュアルなので沖縄リゾートウェディングで着てもOKです。
沖縄特有の明るい雰囲気には色柄が合うので、楽しい雰囲気を盛り上げてくれます。
デザインはかりゆしウェアとほぼ同じため、涼しく快適に過ごすことができるのもポイントです。

 

沖縄ガーデンウェディングの服装で気をつけたい3つのポイント

では、ここからは沖縄でガーデンウェディングを行う際の服装について、ポイントをご紹介します。

  • ドレスコード
  • 着付けやヘアメイク
  • ゲストの衣装代

の3点です。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ポイント1 ドレスコードを事前に伝えておくとスムーズ

沖縄のガーデンウエディングにゲストを招待する場合は、事前にドレスコードを伝えましょう。じつはこれ、結構重要なポイントなんです!
なぜかと言うと、通常の結婚式であればスーツとドレスを着れば間違いないのですが、沖縄のガーデンウエディングとなると、何を着たらいいのか分からない方が多いんです。
新郎新婦がカジュアルな服装で式を挙げているのに、ゲストの方々がスーツにドレスでは浮いてしまいますし、ゲストの間で服装がまちまちになってしまう状況も避けたいところです。
ゲストを招待するタイミングで、事前にドレスコードを伝えることで、ゲストもスムーズな準備ができますし、衣装に統一感が出るので、忘れずに伝えておきましょう。

 

ポイント2 着付けやヘアメイクの手配を忘れずに

女性ゲストへの気遣いとして忘れてはいけないのが、「現地での着付けやヘアメイクの手配」です。
わざわざ遠方まで来ていただくため、ゲストも前泊して参加することが多くなります。

おのずと着付けやヘアメイクは現地で行うことが前提になりますよね。

土地勘の無い場所で着付けができる美容院を予約することは大変ですので、忘れずにこちらで手配をしておきましょう。

 

ポイント3 ゲストの衣装代は人数に合わせて考えよう

ちょっとデリケートな話ですが、ゲストの衣装代についてです。
通常の挙式ではドレスコードがスーツやドレスのため、すでに衣装を持っているゲストがほとんどだと思います。
しかし、かりゆしウェアやサマードレスをドレスコードに設定した場合、衣装を持っているゲストはほぼいないと考えられます。
わざわざ遠方まで来ていただくのに、衣装代まで負担してもらうのは申し訳ありません。しかし、新郎新婦が全額を負担するには高額になってしまうケースも考えられます。
そのため、ゲストの衣装代は人数によって購入とレンタルを組み合わせて、臨機応変に対応しましょう。

 

親族のみの場合

沖縄のガーデンウエディングは遠方での式になるため、親族のみで行うことも多いです。そのため、少人数であれば式場などでレンタルの手配をするのが便利です。何より荷物が少なくて済みますし、衣装を探す手間もかかりません。
また、新郎新婦を含めて10人未満のような小規模な式の場合は、事前にかりゆしウェアをプレゼントするのもおすすめです。衣装が記念になりますし、衣装を贈られると挙式への期待感も高まります。
ちなみにかりゆしウェアは購入すると4,000円から10,000円程度で、レンタルだと1,000円から3,000円程度が相場になっています。
なお、仮に参加人数20名の衣装代を新郎新婦で全額負担すると考えると、購入で対応するには負担が大きいですが、レンタルであれば数万円から6万円程度で済むため、対応可能な金額と言えます。

かりゆしウェアのレンタルは手の届きやすい価格帯とは言え、結婚式は何かとお金が必要になってきますので、衣装代を用意するのが難しいこともあるでしょう。その場合は、ドレスコードと合わせて衣装代を負担いただくことを事前に伝えておきましょう。ゲスト側も事前に予算を立てることができ、親切ですよ。

 

友人も出席する場合

遠方の挙式のため、親しい友人だけを招待する場合が多いです。そのため親族のみの場合と同様に、少人数の挙式になることは変わりありません。
そのため、親族のみの場合と同じく、式場などで衣装レンタルの手配をするのがおすすめです。ゲストの不安を減らすことができますし、スムーズに準備を進めることができます。
また、友人を会わせても十数人程度の場合、招待すると同時にかりゆしウェアをプレゼントしてもいいと思います。沖縄ウェディングへの期待度アップ間違いなしです。
金額の負担についても親族のみと同様で、ゲストの人数が少ない場合は新郎新婦がレンタル代を負担するなど、無理のない範囲で対応しましょう。
結婚式だからとは言え、遠方での挙式はゲストの負担が大きくなりますので、できるだけゲストの負担を減らせるように心がけてくださいね。

 

沖縄らしさを楽しんで

沖縄ガーデンウエディングの服装については、あまり馴染みのない方も多いかもしれません。
基本のドレスコードはスーツとドレスで間違いありませんが、沖縄ならではの衣装選びがあることも分かっていただけたと思います。
せっかくのガーデンウエディングですから、かりゆしウェアやサマードレスで涼しく快適に、そして楽しいひとときを過ごしちゃいましょう。
また、遠方での挙式はゲストの負担や不安が大きいのも事実。
なるべくゲストに寄り添い、心置きなく楽しんでいただけるように気配りをしたいですね。素敵な結婚式になることをお祈りしています!

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK