クリップしたチャペルやウェディング会場、プランの情報をまとめて資料請求できます

OK

結婚報告の手紙・ハガキってどう書くの?パターン別文例とマナーまとめ

結婚報告の手紙・ハガキってどう書くの?パターン別文例とマナーまとめ

無事に入籍し、結婚式を挙げたらお世話になっている方に結婚の報告をしますよね。目上の方には特に手紙で報告すると喜ばれます。新居に引っ越した場合は、新しい住所を連絡するためにも結婚報告ハガキを出します。でもどんな内容を書いたらいいのでしょうか?今回はパターン別に結婚報告の文例をご紹介します。マナーもまとめましたので、社会人として知っておきましょう!


手紙で結婚報告するなら?マナーと文例集

結婚報告をするときのマナーは、入籍や結婚式の後1ヶ月以内に送付することです。

親しい友人や親戚に向けて、結婚したことを伝え、新しい住所を連絡します。この報告には「今後ともよろしくお願いします」ということを伝える意味があります。

一昔前だと手紙が主流でしたが、今ではオシャレにプリントしたハガキを郵送するのが一般的です。ただその場合にも手書きで一言添えるとより気持ちが伝わるはず。そうした手間をおざなりにせず、丁寧に結婚報告の便りを出しましょう。

手紙で結婚報告をするとそれだけ気持ちが伝わります。お世話になった方にきれいな便箋で手紙で報告すると、きっと相手も嬉しく思うはずですよ。

ではどんな文章を書けばいいのか?どんな文章なら失礼がないのか?など見ていきましょう。

 

まずは結婚報告の手紙に記す基本的な内容を知っておきましょう。

  • 結婚式・入籍をした日
  • 媒酌人を立てた場合には必ず媒酌人の氏名
  • 新しい住まいや連絡先
  • ふたりの氏名、新姓になった場合は()で旧姓を書く

最低限これらの情報は必要になります。

 

次に、本文の構成を見ていきましょう。季節の挨拶から始め、最後にふたりの氏名で締めます。構成はこちら。

  • 冒頭の文(時候の挨拶など)
  • 本文
  • 結びの文
  • 新住所やふたりの氏名

 

◯冒頭の文(季節の挨拶など)

「拝啓 新緑の美しい季節になりました…」
「残暑お見舞い申し上げます」
「入籍いたしました!」

などの冒頭の一文を入れましょう。

 

◯本文

「このたび私たちは◯月◯日に結婚式を挙げました。」といった本文を入れます。結婚したこと、新生活をスタートさせたこと、ふたりで協力していきたい、といった主旨を書きましょう。

 

◯まとめの文

「今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」
「お近くにお越しの際は、ぜひ新居にお立ち寄りください」

といったまとめの文章を入れましょう。「拝啓」で始めた場合は「敬具」で結びます。

 

◯日付や住所、氏名など

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◯年〇月〇日

〒〇〇〇-◯◯〇

(住所)

TEL 000-000-0000

◯◯ ◯◯・◯◯(旧姓 □□)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

文末には、新住所や連絡先、メールアドレスを記載しておくようにしましょう。ふたりの名前を連名で記載します。このとき新婦は旧姓も書き添えておきましょう。

結婚報告をハガキでする場合は、写真やデザインを選び、記載する内容をどう配置するのか決めます。

 

結婚報告の手紙の文例①目上の方や恩師

媒酌人を立てて結婚式を挙げた場合の目上の方に対する手紙文例です。

拝啓 新緑の候  皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、私たちふたりは◯◯様ご夫婦のご媒酌により◯月◯日に結婚いたしましたことをご報告申し上げます。

この度は多大なるお心遣いや励ましのお言葉などをいただきまして誠にありがとうございました。

今後ともふたりで力を合わせて幸せな家庭を築いていきたいと思っております。 未熟なふたりではございますが今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

下記に新居を構えましたのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

敬具

 

結婚報告の手紙の文例②結婚式を挙げない場合

背景 新緑の早漏 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、私たちは◯月◯日に入籍をいたしましたことをご報告申し上げます。

この度、挙式・披露宴は行わず、先日両家の家族のみで食事会を行いました。

ご報告が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

下記に新居を構えましたのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

今後ともふたりで協力して新しい家庭を築いていきたいと思っておりますので、 まだまだ未熟ではございますが今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

敬具

 

結婚報告の手紙の文例③年賀状と兼ねる場合

結婚式の挙式日や入籍日が10月以降であれば年賀状と結婚報告を兼ねてもかまいません。文例はこちらです。

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になりました。

私たちは昨年◯月◯日に結婚式を挙げたことをご報告申し上げます。
まだまだ未熟なふたりですが今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに

略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

 

結婚報告の手紙の文例④親しい相手に

拝啓 新緑の季節となりました。お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか?

さて、この度私たちは◯月◯日に結婚式を挙げました。この度の結婚に際しましてご出席いただき誠にありがとうございました。

皆様と一緒に楽しい1日を過ごすことができたことに感謝しております。

ふたりでの新生活が始まりまだまだ戸惑うことも多いですが、 皆様からいただいた温かい祝福を胸にふたりで力を合わせて幸せな家庭を築いていきたいと思っております。

今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

下記に新居を構えましたのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

敬具

 

結婚報告の手紙の文例⑤入籍のみの場合

この度入籍いたしました!

◯月◯日に入籍し下記に新居を構えましたのでご報告します。

これからもふたりで笑顔の絶えない幸せな家庭を築いていきたいと思っています。

今後とも変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいね。

 

結婚報告の手紙の文例⑥シンプルに

私たちふたりはこの度結婚しました!

これからもふたりで力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。

末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

結婚報告の手紙を書くときに知っておきたい!季節の挨拶

月/時候の挨拶の例
1月
・厳寒の候
・新春の候
・初春の候
・寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました。
・今年は例年にない寒さとのことですが、皆様いかがお過ごしですか。

2月
・余寒の候
・向春の候
・梅花の候
・梅のつぼみがほころぶ季節となり、春の訪れが待ち遠しく感じます。
・三寒四温の季節となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

3月
・早春の候
・弥生の候
・萌芽の候
・桜のつぼみも膨らみはじめ、春めいて参りました。
・春とはいえ、朝夕はまだ冷え込みますが、お元気にされていますか。

4月
・陽春の候
・麗春の候
・桜花の候
・うららかな春の日差しが心地よい季節となりました。
・花便りが各地から届くこの頃、もうお花見にはお出かけになりましたか。

5月
・新緑の候
・若葉の候
・立夏の候
・風薫る5月となりました。
・吹く風が肌に心地よいこの頃ですが、お変わりございませんか。

6月
・梅雨の候
・初夏の候
・麦秋の候
・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃となりました。
・吹く風も次第に夏めいて参りました。

7月
・盛夏の候
・猛暑の候
・酷暑の候
・蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました。
・涼しげな風鈴の音が聞こえる季節となりました。

8月
・残暑の候
・納涼の候
・立秋の候
・厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか。
・朝夕にはかすかに秋の気配を感じるようになりました。

9月
・初秋の候
・爽秋の候
・涼風の候
・秋風が心地よい季節となりました。
・澄んだ青空が秋を感じさせてくれます。

10月
・秋冷の候
・清秋の候
・秋霜の候
・菊薫る好季節となりました。
・街路樹の葉も日毎に赤や黄色に彩を増しています。

11月
・晩秋の候
・深秋の候
・向寒の候
・日毎に寒気加わる時節となりました。
・久しく合わないうちにすっかり秋が深まってきました。

12月
・初冬の候
・霜寒の候
・師走の候
・師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日となり、ご多用のことと存じます。
・クリスマスのイルミネーションが華やかな頃となりました。
年中使える挨拶
・時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

結婚報告をする時期とは?

ふたりの結婚が決まったら周囲の方に結婚報告を行いますが、だいたいどの時期に誰に報告をすべきなのでしょうか?

まずはお互いの両親に承認を得ますが、その後はどうしたらいいのでしょう?実は意外と結婚報告をする順番が大事なんです。誰にいつ頃結婚報告を行うべきなのかをご紹介します。

 

結婚(入籍)の3〜4ヶ月前、職場の上司に報告

まずは職場の上司に報告しましょう。 今後の働き方についても相談が必要なため結婚の3〜4ヶ月前には報告するのが一般的です。退職するのか、あるいは継続するのか意思をハッキリさせておきましょう。

結婚式への招待をどうするのかも事前に決めた上で報告します。派遣社員の場合はまず雇用元に報告をしてください。

 

結婚をする3〜4ヶ月前、 同僚や友人に報告

上司への報告が済んだら、 同僚や友人に報告しましょう。理想は直接伝えることですが、 難しい場合は電話がおすすめです。電話が気恥ずかしいという場合はメールや LINE でも大丈夫です。 ですが、できれば口頭で報告するのがマナーです。

 

SNSでの報告は職場や親戚、友人に報告を終えてから!

結婚が決まったらついつい SNS で報告をしたくなってしまいますが、 SNS を使った結婚報告は周りの方への報告をきちんと終えてからにしましょう。

特に仲の良い友人や同僚に報告をしてしまい、上司に伝わってしまうことがないように注意してください。まずは上司へ報告するのがマナーです。

口頭で報告すべき人にきちんと結婚報告をするのがマナーです。 一通り結婚報告を終えたら、SNSで報告しましょう。

 

時期によっては年賀状や暑中見舞いとかねてもOK

結婚報告のハガキは入籍が結婚式後1ヶ月以内に送るのがマナーとされています。時期によっては暑中見舞いや年賀状などとかぶることがありますので、 その際は別々で送るのではなく内容を まとめてしまっても大丈夫です。

初夏に挙式をした方や秋から年末にかけて挙式した方は、暑中見舞いや年賀状とかねて報告することが多いようです。

 

身内に不幸があった場合の結婚報告

結婚式や入籍を行った後身内に不幸があった場合は、結婚報告は控えてください。四十九日が落ち着いてから結婚報告ハガキや手紙を郵送します。

基本的に喪中の場合は年賀状を控えるのがマナーです。1月8日から2月4日までの立春のタイミングで寒中見舞いを出します。結婚報告を行うのであればこの寒中見舞いとかねましょう。

年末に急な不幸があった場合は、もし結婚報告はがきを用意していたとしてもいったん郵送を取り止めるのがマナーです。 ただし家によってはそのままハガキを郵送してしまうという場合もあるので家の人と相談してください。

 


マナーを守って結婚報告の手紙・ハガキを送ろう!

結婚報告の手紙やハガキは今までお世話になった方々皆さんにお送りするようにしましょう。親しい間柄でもあえて手間暇をかけて手紙やハガキを送ることでより改まった気持ちが伝わります。

挙式・披露宴に招待できなかった方にも必ず送るようにしましょう。目上の人や恩賜親しい友人、 結婚式に出席してくれた人など人によって文面を変えるのがおすすめです。

挙式や入籍が終わって色々と忙しい時期ではあるとは思いますが、 余裕を持って結婚報告のはがきを作成し、お世話になった方々にマナーを守ってご報告をしましょう。

♡ボタンでクリップ!
クリップしたチャペルやウェディング会場、プランの情報をまとめて資料請求できます。

OK