クリップしました

クリップ一覧を見る

リゾ婚花嫁のお悩み*沖縄結婚式って引き出物どうする?なしでもいい?

リゾ婚花嫁のお悩み*沖縄結婚式って引き出物どうする?なしでもいい?

リゾ婚の場合、引き出物を用意するべきなのでしょうか?なしでもいいのか、あるいはちゃんと用意しておかないと非常識と思われてしまうのか…。不安な部分ですよね。リゾ婚をしたい花嫁さんの疑問を解決します!

 

リゾ婚の場合、引き出物は用意するべき?

リゾート婚は、他の結婚披露宴とは少しスタイルが異なるので、悩むことも多いですよね。

とくにリゾ婚の場合、交通費や宿泊費を負担したり、祝儀を辞退したりすることが一般的ですが、引き出物をどうするべきなのかも悩むところだと思います。

リゾ婚を考えている花嫁さんの中には、

「旅行も兼ねて生きているのに、荷物を増やすと迷惑?」
「お返しに気を遣わせてしまう?」

などなどお悩み中かもしれません。

引き出物は、渡すべきなのでしょうkか?あるいはなしにするべきなのでしょうか?
リゾ婚の場合の、引き出物について調べてみました。

 

リゾ婚の引き出物はなし?あり?

リゾ婚の場合、引き出物のアリ・ナシは、ご祝儀、旅費・交通費、宿泊費をどのくらい新郎新婦が負担するかによります。

ご祝儀を辞退したり、旅費・交通費を新郎新婦で負担したりすれば、引き出物はなしでも大丈夫なようです。パターンごとにみてみましょう。

 

旅費・交通費を全額ゲストが負担し、ご祝儀を辞退する場合

この場合、引き出物はなくても大丈夫。プチギフトだけでも、失礼と思う人は少ないようです。引き菓子とプチギフトだけでも大丈夫です。

ただもし、「引き出物を渡したい!」というときは遠方からいらっしゃる方が多いと思うので、後日郵送にするなど渡し方に一工夫をした方がいいでしょう。

 

旅費・交通費を新郎新婦が負担し、ご祝儀はいただく場合

この場合も、新郎新婦がかなりの部分を負担しているので、引き出物をなしにしたとしても失礼には当たりません。紅芋を使った引き菓子など、沖縄らしさを感じるギフトを添えておくといいでしょう。

 

旅費・交通費を新郎新婦が負担し、さらにご祝儀を辞退する場合

この場合引き出物は、なしで大丈夫です。

「ここまで負担してもらい、なおかつ引き出物も…」となるとゲストが恐縮してしまうようです。

なにか渡したいというときは、プチギフトを用意しておくと喜ばれるはずです。

 

沖縄のリゾ婚で引き出物を渡したい!引き出物の金額相場は?

基本的には、リゾ婚で新郎新婦がゲストの費用を負担するなら引き出物はなしで大丈夫です。ですが、引き出物はあくまでも気持ちなので「渡したい」という方もいるでしょう。

引き出物を用意する場合の金額の相場は、

  • 友人、職場の方
    3,000円〜7,000円
  • 身内の親戚
    5,000円〜10,000円

このようになります。ふたりの負担のない範囲で用意してくださいね。

 

沖縄のリゾ婚*人気の引き出物は?

「リゾ婚で、新郎新婦の負担が大きいようなら引き出物は必要ない」とは言うものの、せっかく沖縄まで足を運んでくれるのだから、沖縄らしい引き出物を用意したいという方もいるかもしれません。

そこで、沖縄のリゾ婚で渡したい「おすすめの引出物」をご紹介します。

 

琉球ガラスを使った品物

沖縄といえば、琉球ガラスを使った品物は人気があります。沖縄らしさも感じられ、喜ばれるはずです。

琉球ガラスのペアグラスやガラスの器などを選んでみてはいかがでしょうか?

ただ、ガラスだと「割れ物だと移動中に破損する可能性がある?」と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、引き出物は遠方からお越しのゲストが持って帰る時も大丈夫なように、しっかりと梱包してあるものなので破損する心配はないでしょう。

他にも、「割れ物だと荷物になるかな」「重そうだし…」といった点が不安な場合は、後日郵送もできるので検討してみてください。

 

カタログギフト

カタログギフトは、結婚式の引き出物の定番です。ゲストの好みも多様化している中で、もっとも無難な引き出物だといえるでしょう。

カタログギフトの中にも、「沖縄ギフト」に特化したものもあります。

琉球ガラスや沖縄産のフルーツジュース、コスメなど幅広いラインナップがあるので、どんなゲストにも対応できます。

 

リゾ婚の場合、引き出物を渡すタイミングは?

もし、リゾ婚で引き出物を渡すなら、そのタイミングもよく考えましょう。

遠方からくるゲストばかりだと思うので、その負担を考えて引き出物を後日郵送するのも1つの手です!

ゲストの声として、「沖縄の結婚式に参加したら、引き出物は自宅へ郵送してくれた!その心遣いが嬉しかった」というものもあるようです。やはり負担が軽くなるのは嬉しいですよね。

また、郵送する際はゲストの席に「引き出物はご自宅までご郵送いたします」というメッセージが書かれたカードを添えておきましょう。

また、引き出物は郵送するとしても、当日はプチギフトのお渡しは直接やるといいでしょう。ゲストと新郎新婦が1対1で直接お話しできるいい機会だからです。

ぜひプチギフトは現地で渡してくださいね。

 

リゾ婚の引き出物は新郎新婦の負担具合による!

リゾ婚って、普通の結婚式とは少しだけ勝手が違うので、悩むことも多いかもしれません。

「引き出物をどうするのか?」についても、悩みがちな話題の1つです。

リゾ婚では、新郎新婦がゲストの交通費や宿泊費を負担したり、ご祝儀を辞退したりするのが一般的ですよね。

さらに引き出物も…となると新郎新婦も負担が大きくなってしまいます。ゲストにも気を遣わせてしまうことになるので、負担具合によって引き出物のアリ・ナシを考えてくださいね。

素敵なリゾートウェディングを叶えてください*

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK