ホーム > 沖縄結婚式の取材日記 リゾレポ調査隊 > チャペルウェディング
> ザ・ギノザリゾート『美らの教会』OPEN!☆

カテゴリー:チャペルウェディング

ザ・ギノザリゾート『美らの教会』OPEN!☆

2017年3月10日(金)

こんにちはsun

リゾレポ調査隊のユイですsign03

今年2017年1月3日、宜野座村にOPENしたばかりの沖縄県で最大級の敷地を誇る

ザ・ギノザリゾート『美らの教会』へ行ってきましたーheart02

GNZ019__.jpg

美らの教会は、宜野座インターを降りて5分程で到着するのでアクセス良好ですrvcarshine

門を車で進んでいくと!すぐに見えてきましたeyeflair

 

うわーsign01扉が大きいsign03

今までの式場とは雰囲気がガラリと違っていて、ウッドと白で統一した佇まい。

ナチュラルでもあり、大人っぽい上品な雰囲気を出してますねheart04

GNZ031__.jpg

 

駐車場もすぐそばにあるので楽々ですcatface

今回チャペルを案内していただいたのは美らの教会のコーディネーター中島さんheart04

お出迎えしてくれましたhappy02

IMG_7506.JPG

さっそく中に入ってみると.....

GNZ022__.jpg

正面にどーんsign03

こんなに広々としたウェイティングスペースがーhappy02shine

こちらはゲストの皆様がゆったりと式までのお時間を過ごす場所となっています。

心地いい波の音を聞きながらリラックスできますねconfident

おしゃれなインテリアflairさっそくデザイナーズな雰囲気が出ています。

GNZ027__.jpg

エントランスには他にも当日沖縄入りしたゲストの為に

荷物を預かってくれるクロークもあるので安心して式に参列できますねwink

GNZ039__.jpg

あ!クロークのカウンターにかわいいアイテムがlovely

アンティーク風の内線電話ですtelephone

こちらはインテリアかと思いきや、本当に繋がるとのことでしたsign03

用がなくてもかけたくなっちゃいますよっbleah

GNZ037__.jpg

他にも、当日こちらに到着してから参列の準備されるゲストの為にお着替え室が男女各3部屋あります。

前もってご希望があればヘアメイクも可能との事ですよ〜lovely女性には嬉しいサービスですねheart04

 

エントランスでまたまたかわいいアイテムを発見eyeheart04

image11chura2.jpeg

参列者へのウェルカムドリンク用のグラスribbon

白で統一した琉球ガラスのグラスにゴールドの美らの教会のマークshine

こちらはスタッフさんみんなで新郎新婦様やゲストに喜んでいただける事を考えて考えてデザインしたそうですよっheart01

美らの教会のスタッフさん全員の愛がこもっていますねhappy02heart04


さて、次はブライズルームがある2階へおじゃましましたhappy01

2階へはさっきのエントランスから、エレベーターや内階段、外階段と動線がたくさんあり自由に行きたい場所でくつろげますよcatface

214.jpg

写真の先に見えるのは教会ですheart04

こうしてみると、敷地内すぐに移動できるのがわかりますねbleah

ブライズルームの入り口です↓↓↓

このリゾートホテルのようなお部屋への入り口......ワクワクしちゃうじゃないですかっ!catfaceheart04

GNZ045__.jpg

実際に花嫁さんがお着替えするお部屋ですlovely

じゃーんsign03

GNZ046__.jpg

なんですかこの開放感は〜sign03

メイク中の花嫁様を待つ新郎様にもゆったりくつろいでほしいという思いで、ソファーを置いたそうですよhappy01

全室ビーチに面したお部屋で、ビーチを見ながらお支度できるんですshineshine

212.jpg

GNZ043__.jpg

お部屋の中にはコーヒーメーカーやドリンク以外に、Bluetooth対応のスピーカーが置いてあり自身のお好きな音楽を聴いてリラックスして過ごして欲しいとおっしゃってましたshineスタッフさんの想いが優しくて感激ですcryingheart04

213.jpg


さてさて!そろそろ教会へ行きましょうかhappy01heart04

順番的には同じ建物内にあるパーティールームを先に紹介しなきゃなのですが、、、早くチャペルを見せたいのでチャペルから紹介しちゃいますbleahhappy02catface

教会へ続く道。素敵な中庭を通り抜けます。

GNZ032__.jpg

 

GNZ007__.jpg

GNZ008__.jpg

この中庭は沖縄の方言で『ウフギーの庭』という名称がついてるそうで、ウフギーの意味は『草木』だそうなんです。

庭には昔からある沖縄の樹々や草木など、様々な樹が綺麗に植えられています。わたしは特にオリーブの樹が可愛くて気になりましたheart04成長したオリーブの樹にまた会える日が楽しみですhappy01notes

 

中庭には東海岸の海をバックに素敵な写真が撮れちゃうフォトスポットや、

ブーゲンビリアのフォトスポットがありますheart02

GNZ015_22.jpg

GNZ006_21.jpg

 

実際に挙式されたお2人の写真を中島さんに見せてもらったのですが、

それはそれは、めちゃめちゃ素敵なフォトでしたーlovely

特にブーゲンビリアのスポットで撮影する写真は『可愛く撮れる!』と花嫁さんに人気のようですよheart02

 

おっと、寄り道してしまいましたsign03

さて、エントランスから徒歩1分ほどで到着するチャペルにやってきましたhappy02

どーんshine自然がいっぱいの庭の中に三角屋根のガラスのチャペルが〜sign03

んん〜???全面ガラスsign02

GNZ003_23.jpg

はいっsign03そしてこちらが正面sign03↓↓↓

GNZ079_25.jpg

GNZ078_24.jpg

入り口へ進むと、さきほど見た外観とはとは裏腹にナチュラルなウッド調ですwink

新郎新婦様はここから入場heart

さあnotes新郎新婦様になったつもりで、さっそく中に入りたいと思いますhappy02

扉の前に立ってという指示をいただき、待っていると...

なんとドアが自動で開きましたーhappy02

こんなの初めて見ましたlovely

 

そしてじゃーんsign03この光景〜cryingheart04

キラキラ素敵すぎて鳥肌が立ってしまいましたbleah

GNZ009_2729.jpg

ウッド調にこだわったデザイナーズチャペルdoorshine

チャペル内も白と茶が基本となっていて、フラワー下のブルーとシャンデリアのブルーが大人の上品さを感じさせますねlovely

このブルー、グリーン、クリアの3色のシャンデリアは琉球ガラスで作られているんだそうeyeflair

GNZ011_28.jpg

実際に見ると太陽の光に反射してチャペル内にもキラキラした輝きがすごいですよ〜!shineshine

 

美らの教会のバージンロードの長さは約15m。約64名のゲストの参列が可能。

そしてびっくりしたのが、バージンロードの横幅の広さsign01

広々とスペースがとられているので、ボリュームたっぷりのドレスでも

ゆったりと入場ができちゃいますねshine

そしてそして、チャペルのこだわりはまだありますよlovely

 

チャペルの両サイドまで全てガラス窓なんですsign03

チャペルに立っていると、正面の広大な青い空と海、それに宜野座の自然に祝福される感覚ですconfident

この三角屋根まで全てガラスの窓happy02shine

GNZ010_30.jpg

白いところはすりガラスになっていて、この模様も、もう、センスの塊でしたhappy02

屋根までガラスということは....天気によって、毎日違う顔のチャペルになりますね。

同じ空は二度とありません。挙式当日、あなただけの特別なチャペルになることまちがいなしですbleahheart04


次は『ニライカナイデッキ』をご紹介mistshine

ザ・ギノザリゾート『美らの教会』で海のロケーションを紹介しないわけにはいきません〜happy02

ニライカナイデッキへは、チャペル内後方のドアから出てすぐそばにある階段からおりますflair

image4chura7.jpeg

GNZ33.jpg

するとすぐにこの光景!見てください!この宜野座の海ーsign03

GNZ057_33.jpg

まだまだ自然が多く残っている東海岸。58号線沿いの西海岸とはまた全然違った表情の海。

 

挙式後撮影をする際も、東海岸は太陽が昇る場所なので、

海をバックにした撮影がしやすいのはメリット大ですね!happy01

 

さて、この階段を降りた先に『ニライカナイデッキ』eye

スクリーンショット 2017-03-06 17.05.14.png

スクリーンショット 2017-03-06 17.04.55.png

バーカウンターも設けられており、挙式後にシャンパンで乾杯しながら、家族や友人たちとゆったり過ごせるプライベートな空間wineshineshine

ここは欧米の結婚式で行われる結婚式の1つのプログラム、『シャンパントースト』をイメージしながら作ったそうですflair

 

 

シャンパントーストとは?

欧米でよく見られる儀式。新郎新婦が友人や家族とシャンパンで乾杯(トースト)をする。

新郎新婦の健康と幸せを願い祝福する意味が込められている。

新郎新婦が腕をクロスさせた姿勢でシャンパンを飲み干す。

 

 


さて、お次はパーティールームのご紹介ですhappy01

先ほどのエントランスとブライズルームがある建物に戻ります。

こちらの1階にありますflair

まずは最大約34名様に対応したお部屋がこちら↓↓↓

image12chura1.jpeg

image14chura1.jpeg

次に最大約50名様対応のお部屋↓↓↓

image6chura2.jpeg

他にも22名様までのお部屋もありますよnote

パーティールームは全て、宜野座の美ら海が一望できるガラス張りの窓一面shineshine

窓を開けて開放的に使うのもよし!なんですflair

 

また全てのパーティールームでこのように壁一面巨大なスクリーンが降りてきますeyesign01↓↓↓

image8chura2.jpeg

こんなに大きいと映像の迫力が凄そうsign01

ビデオ演出も、会場全員で楽しめますshine

お料理をちょこっとご紹介restaurantwine(こちらは一例です↓)

churaryouri1.jpg

churaryouri2.jpg

見てください〜sadheart04この豪華さ!よだれが止まりません...bearing

沖縄県産野菜を使ったコース料理だそうです。器もとても高級感溢れるものばかりshine盛り付けも素敵でゲストの方にとても褒められるそうですよshine

こんなおいしそうな結婚式(←こら!)私もゲストでお呼ばれされたい...sign03

 

あ!パーティールームにこんなもの発見〜eyeheart04

image1chura2.jpeg

これは写真好きな女子にとっては嬉し〜楽し〜happy02heart04

ってことでわたしも恥ずかしながら撮っていただきました笑

image5chura6.jpeg

こんな感じでいつもより可愛く撮れちゃいますよwinkflair


最後に今回ご案内してくれたアールイズ・ウェディング沖縄ゼネラルマネージャーの儀武さん(左)、コーディネーターの中島さん(右)をパチリcamerashine

IMG_7508.JPG

中島さんに普段お仕事で心がけていることは?とお伺いすると、

「花嫁様花婿様の1日のテーマを必ずお伺いしています。

少しでもご自身の理想の結婚式に近づけていただく為にご希望のテーマをスタッフ全員で共有し、スタッフ一人一人がこのテーマを大切にし、一丸となってお手伝いをさせていただいています。

新郎様、新婦様に喜んでもらうのはもちろんのことですが、ゲスト様にも喜んでもらい楽しんでもらえるように心がけています。」

と、愛が詰まった素敵なコメントをいただきましたconfidentheart04

一生に一度の2人の結婚式。こだわりとスタッフの愛情が詰まった新チャペルで結婚式を挙げてみては?happy02

最高なものにしてくれること間違い無しですhappy01heart02

 

wineザ・ギノザリゾート『美らの教会』はこちらからwine

沖縄リゾートウェディングスタイル一覧

  • チャペルウェディング取材記事発信!チャペル掲載件数25件
  • フォトウェディング取材記事発信!フォト掲載件数18件
  • ビーチ・砂浜ウェディングビーチ
  • レストランウェディングレストラン
  • ホテルウェディングホテル
  • ゲストハウスウェディングゲストハウス
  • 琉球結婚式琉球結婚式
  • フォト楽