ホーム > 沖縄結婚式・リゾートウェディングの取材日記 リゾレポ調査隊 > マナー
> これで完璧!沖縄交通アクセスガイド

カテゴリー:マナー

これで完璧!沖縄交通アクセスガイド

2018年4月11日(水)

01_f_10_011resorepo.jpg

 

本州から遠く離れた沖縄ですが、実は意外とアクセス良好で安いということをご存知でしょうか?ほとんどの方が飛行機で行くことになると思いますが、どうしても旅費が高くなりがちですよね。そこで交通費を安く抑えるヒントをご紹介します。現地では車での移動が中心になると思いますので、現地でスムーズに行動するためのアクセスガイドも一挙にご紹介します。

 


実は近くて安いってほんと?沖縄は身近なエリアなんです♡

沖縄は「遠くて高い」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は思っている以上にアクセスが良好なんです。直行便が1日に何本も飛んでいて、空港到着後はレンタカーやシャトルバスで宿泊先まで簡単に移動ができます。公共交通機関での移動がない分、実は移動がすごく楽チンです。

LCC を使えば東京からでも5,000円から7,000円ほどで行けることもあり、実はコストもグッと格安。なんとなく、遠くて高いというイメージがあるかもしれませんが、実はあなたが思っているよりも、沖縄はとても身近なエリアなんです!

 

那覇空港までのアプローチ方法は?お得に移動したい!

沖縄に行くためには、最寄りの空港から那覇空港まで飛行機で向かいます。

全国各地から直行便が出ていますし、東京の羽田空港からは1日30便以上も出ていて、アクセスはとっても良好です。沖縄への往復の旅費をお得にするために活用したい方法をご紹介します。

 

飛行機とホテルがセットになったパックプランを活用!


沖縄で結婚式を挙げるカップルの中が利用しているのがパックプランです。個別に手配するよりも手間がかからないですし、かつとてもリーズナブルなのが特徴です。

沖縄では車での移動がメインとなるので、オプションでレンタカーを付けられるようだったら利用してみてください。こういったパックプランのオプションを利用すると、割引料金になることもあるのでおすすめです。

新郎新婦はチャペルの近くのホテルに宿泊し、両親にはハイクラスのホテルに泊まってもらうというカップルも多いです。

 

飛行機の早割特典を利用!


挙式の日取りが決まったら、できるだけすぐに空港券を予約するとお得です。JALの「スーパー先得」や ANA の「旅割」など、 早割特典を利用することで飛行機を格安料金で利用することができます。

 

ただし、早割特典には、フライトの変更が不可といった条件がついてくるので、しっかりと確認しておきましょう。キャンセル料もかかってくるので注意してください。

 

 

LCC も活用してみよう!


 LCC( ローコストキャリア)は格安で飛行機を利用できる航空会社のことです。 LCC を活用することで成田から沖縄まで片道5,000円台で行けることもあり、破格ともいえる料金が魅力です。

ただし他の主要航空会社と違って、欠航のときの補償がなかったり、時間通りに飛ばなかったりと細かな制約があるので、少しリスクがあることを知っておきましょう。

下見のために現地を訪れるときや、 挙式の数日前に現地入りするときのように、時間に余裕がある場合に利用した方がいいでしょう。ちなみに那覇空港の LCC ターミナルは国内線ターミナルから離れていることもあるので、移動に時間がかかると見積もっておきましょう。

 

空港に着いたら!沖縄本島の移動手段 3つ

無事に那覇空港に着いたら次の移動手段を考えましょう。沖縄は南北に120キロにわたって伸びています。沖縄本島での移動手段は主に車。レンタカーやタクシー、 または空港のリムジンバスという手段もあります。目的に合わせて移動手段を選びましょう。

 

1、レンタカー

レンタカーなら自分たちの自由に移動できるのが魅力です。沖縄本島の主要スポットは距離が離れているので複数のポイントを回りたいならレンタカーが便利です。

ちなみに当日空港で予約することも可能ですが、事前に予約しておいた方が確実です。

 沖縄での移動手段として多く使われるため、数多くのレンタカー会社があります。24時間で2,000円台からという格安のプランもあり、予約サイトを検索することでお得なレンタカー会社を見つけることができるかもしれません。

レンタカーの営業所は空港から少し離れたところにあるもの、空港からの無料送迎がある場合がほとんどなので安心してください。

 

2、タクシー

那覇空港の空港到着口ではタクシーが待機しています。その他、7人ほどが乗れる大型タクシーや貸切で観光スポット巡りをしてくれるタクシーなどもあります。

1時間程度かかる距離でも四人乗りで向かえば、一人1500円程度で移動できるため非常にリーズナブルといえるでしょう。荷物が多くて疲れているときや、そのまま観光地に向かって沖縄のお酒を味わいたいというときにおすすめです。

宿泊するリゾートホテルによっては、空港とホテルを往復するシャトルタクシーを用意している場合もあるので利用してみましょう。

初乗り料金は普通車で550円ほど。フリーコースは数時間で1万円前後が目安です。

また、エアポートシャトルタクシーという空港からホテルへ直行する予約制のタクシーもあります。行き先により定額運賃が設定されているので流しのタクシーよりも割安で利用できます。

20人ほどが乗れるマイクロバスも半日6万円ほどでチャーターすることが可能です。空港や近隣ホテルへゲストの送迎をするときに便利です。前もって予約が必要なので注意してください。

 

3、空港リムジンバス

空港から主要のリゾートエリアに移動するときにラクなのが空港のリムジンバスです。 読谷、恩納村、名護などの中部・北部のエリアはチャペルを併設したホテルも多く、目的地へ直行できる空港リムジンバスは非常に便利です。

空港リムジンバスには6つのルートがあり、リゾートホテル、ウェディング会場などを通ってくれます。例えば、那覇空港から ANA インターコンチネンタル万座ビーチリゾートまでは約95分、1700円で行くことができます。

空港リムジンバスを利用するときは、到着ロビー内のリムジンバス案内センターで乗車券を購入してください。予約制ではないので満員の場合は次の便を待つことになります。リムジンバスのチケットは那覇バスターミナルやホテルでも購入できます。

 

那覇観光ならゆいレール

「ゆいレール」とは那覇空港〜首里駅を約27分で結ぶ沖縄の都市モノレール。 交通渋滞に左右されず時間が正確で、運賃は300円ほどと、その安さも魅力です。5分から10分間隔で運行しているので、気軽に那覇観光を楽しみたいときはぜひ利用してみてください。

 

那覇空港から主要観光スポットまでの所要時間

沖縄本島での移動手段は主に車となります。観光スポットが点々としているため、長距離の運転が必要になるでしょう。高速道路を上手に活用して観光するのがポイントです。那覇空港から主要観光スポットまでの所要時間と、各インターからの所要時間をご紹介します。

 

*辺戸岬

那覇空港から約2時間50分

許田インターチェンジから約1時間40分

 

*古宇利大橋

那覇空港から約1時間55文

許田インターから約45分

 

*美ら海水族館

那覇空港から約2時間

許田インターチェンジから約50分

 

*万座毛

那覇空港から約1時間5分

屋敷インターチェンジから約10分

 

*残波岬公園

那覇空港から約1時間30分

石川インターチェンジから約25分

 

*海中道路

那覇空港から約1時間15分

沖縄北インターチェンジから約30分

 

*美浜アメリカンビレッジ

那覇空港から約55分

那覇南インターチェンジから約10分

 

*首里城公園

那覇空港から約30分

那覇インターチェンジから約5分

 

*平和記念公園

那覇空港から約30分

南風原南インターチェンジから約25分

 

*国際通り

那覇空港から約15分

那覇インターチェンジから約20分

 

 

沖縄ドライブでの注意ポイント


沖縄でのドライブでは本当で運転する時とは少し違った注意が必要です。沖縄ならではの注意点があるので事前に把握しておきましょう。当日安全運転で走行するためにも知っておいてください。

 

1、走行可能車線が変更になることがある

沖縄では渋滞対策のために中央線の位置が時間帯によって変わる道があります。×印のライトがついている道は通行禁止になるので十分に注意してください。

 

2、渋滞に要注意

朝夕の通勤ラッシュ時の国道58号線、330号線は大渋滞でなかなか進まないことが よくあります。特に夕方の空港周辺は混雑するので、帰りのフライトまでの移動やレンタカーの返却はかなり余裕を持ったスケジュールで行動してください。

 

3、原付バイクに注意

沖縄は渋滞の混雑を避けるために原付バイクを利用する人も多いです。一般的には原付バイクは左車線を走るのがルールですが、中には右車線でスピードを出したり、車の間をすり抜けるように走って行く人もいるので、十分な注意が必要です。

 

4、道路が滑りやすい

沖縄の道路に使われているアスファルトは石灰石を使用しているため、路面が滑りやすくなっています。特に雨の日は、発車時ゆっくりアクセルを踏まないとタイヤが空回りすることもあります。また停車時でも急ブレーキをかけると滑って前の車に追突することもあり、非常に危険です。注意してください。

 

 

離島へのアクセス方法は?


 沖縄は本島だけでなく石垣島や宮古島、与那国島などの離島も魅力的ですよね。こういった離島へアクセスするにはどうしたらいいのでしょうか?

基本的には沖縄本島からフェリーや高速船、飛行機が数多く出ているのでそれを利用します。ただ、すぐに満席になってしまう可能性があるため、事前に予約しておくことをおすすめします。

また、東京、大阪、名古屋の空港からは、石垣島と宮古島へ直行便が運行しています。本島を介さず直接行きたいというカップルは利用してみてください。

 

 

沖縄の交通事情を事前に把握しておこう


沖縄ならではの交通事情をご紹介しました。沖縄は意外にもアクセスが良好で、金額的にも安く行けるエリアです。沖縄本島内ではレンタカーを借りて、観光スポット巡りをしてみてください。事前に交通事情を把握しておくことで、当日の動きがスムーズになるはずです。入念に計画して、沖縄ならではのビーチリゾートを心ゆくまで楽しんでくださいね。

 

地元スタッフがオススメする

\ウェディングフォトスポットをご紹介/

pfoto_spot_okinawa.png

 

沖縄リゾートウェディングスタイル一覧

  • チャペルウェディング取材記事発信!チャペル掲載件数25件
  • フォトウェディング取材記事発信!フォト掲載件数18件
  • ビーチ・砂浜ウェディングビーチ
  • レストランウェディングレストラン
  • ホテルウェディングホテル
  • ゲストハウスウェディングゲストハウス
  • 琉球結婚式琉球結婚式
  • フォト楽