ホーム > 沖縄の結婚式・挙式、フォトウェディングのよくある質問 > ウェディングについて

沖縄の結婚式・挙式、フォトウェディングのよくある質問
  • ウェディングについて
  • フォトウェディング
  • 沖縄データ
  • 観光スポット
披露宴での演出はどのようなものがあるの?

披露宴での演出はこちら!

・受付スペースやひな席を使いたいカラーやどのような飾りでまとめたいかテーマを決めて可愛らしく手作りで装飾♪

・おふたりで選んだBGMを流す♪

・お色直しをする♪

・ゲストの方にお願いしてみて得意なことで余興をしてもらう♪

・写真撮影タイムを設ける♪

・その日に撮ったビデオや写真をエンドロールに流す♪

 

 

披露宴の演出は他にもありますが、披露宴の内容や時間配分の流れを考慮して決めるとスムーズに進行が進みますよ!ゲスト参加型の演出が続くとゲストが疲れてしまったり、歓談のみの時間が長くなるとゲストが飽きてしまったりすることもあります。ウェディングプランナーさんに披露宴の演出の内容や時間配分などの流れもよく相談しておくと安心ですね☆

 

ゲストの服装は?

留袖・モーニング・スーツ・ドレスなどの礼服が一般的です。

また、リゾートウェディングでは正装として親しまれている「かりゆしウェア」をドレスコードとして決め、ゲストに参列していただくとより沖縄でのウェディングの魅力が伝わって写真も映えますし、素敵ですよ♪

ゲストへの喜ばれるおもてなしは?

出席していただくゲストへのメッセージカードを用意したり、一言でも感謝の言葉掛けをすると喜ばれます。待合のスペースで新郎新婦の写真やウェルカムボードなどがあるとゲスト同士で会話しやすくなりますよ。

結婚式はお二人が主役ですが、日頃お世話になっているゲストにも一緒に喜んでもらえると嬉しいですよね☆

敏感肌なんですがメイク道具を持参してもいいですか?

お肌が敏感で下地やファンデーションが合わない!肌荒れしちゃう!と言う不安を持っている方、結構いますよね!

普段使っているメイク道具の持参ももちろんOK!

リハーサルメイクを用意しているブライダル業者さんがほとんどですし、前撮りのタイミングでメイクを試してみるのもお勧めです☆

メイクで悩む方はたくさんいるようですね。でも大丈夫!みんなプロのメイクさんです。悩みを事前に相談しておくと安心ですよ☆

年配ゲストを招待予定ですが、大丈夫?

沖縄は、ご年配ゲストの方にもご安心いただけるリゾートアイランドです。

言葉の心配もなく、沖縄料理も様々なものがありますのできっと喜んでいただけます。海外と違い、万が一の病気の場合でも、病院が利用できますので安心です。

沖縄での結婚式やフォトウェディングの人気のシーズンは?

沖縄で特に結婚式に適しているシーズンは梅雨と台風を避けた3月~4月頃の春、そして10月~11月頃の秋です。

ビーチフォトは海に入れるシーズンの(3月~11月頃)に素敵なフォトウェディングが撮影できます。

 

年間を通して暖かく過ごしやすいので1年を通して結婚式が行えます!と言いたいところですが、沖縄は亜熱帯気候なので本土と違い寒くなる時期や、梅雨入り・台風の時期も異なりますので気象情報の確認が重要です☆もしも急遽、台風などの悪天候になったときに結婚式やフォトウェディングがどうなってしまうのかが心配ですよね?結婚式、フォトウェディングの日取りの予備日を事前に設けてもらえたり、屋外から屋内に対応してくれるプランもありますので確認し相談しておきましょう!

沖縄リゾート挙式を希望なのですが、何から決めればいいの?

おめでとうございます☆

まずはお二人で相談し合って、結婚式の希望をまとめ、情報を集めましょう。ご希望の式場が必ずありますよ☆

式場が決まれば、流れをプランナーさんが丁寧に教えてくれるので、安心してください。 平均的には6ヶ月前までには予約・申込みをされる方が多いです。3ヶ月前の予約でも間に合いますが、特別な日(11月22日いい夫婦の日など)、大安の日など人気のある日は早いうちに予約が埋まってしまうので、ご希望の日がある場合は、余裕を持って早めのご相談・ご予約をした方がいいです。

ちなみに...仏滅の日や、直近で空きがある場合は、割引があるところもあります!

予算に合わせて相談してみるのもいいかも...☆

↓↓↓直近ウェディング特集はこちらから☆↓↓↓

https://www.e-bridal.tv/LPspeed/

 

準備期間は約3ヶ月前からでも大丈夫ですが、式場と同様、人気のドレスも早くから予約が取られちゃうので、余裕があれば半年前から準備を進めた方がいいですね!3ヶ月前からは招待ゲストのリストアップや招待状、席次の準備、ウェルカムスペースのアイテムを決めたり。etc...

お二人の理想の結婚式の為にも、やっぱり準備は早い方が安心ですよ☆

 

沖縄での滞在スケジュールは?

挙式をする場所によって変わってきますが、沖縄本島であれば、平均的に最低でも3日間は滞在されるようです。

挙式後に観光スポットがたくさんある沖縄で過ごす時間はお二人にとって、とても良い思い出に残るでしょう☆

 

・1日目・・・挙式前日の現地スタッフとのお打ち合わせ後、当日に向けてゆっくり体を休めます。

・2日目・・・挙式本番☆最高の1日をお過ごし下さい。

・3日目・・・マリンレジャーやお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

もう少し長く滞在できるのであれば、リゾートホテルでの時間を楽しんだり、離島などに行かれるのもお勧めですよ♪

披露宴のご祝儀はどのくらい?

ご祝儀の相場は、ケースバイケースですがおおよそ約3万円~7万円です。新郎新婦との関係性・ゲスト自身の年代などによっても変わってきます。また、会場のグレードによっても増減します。

 

遠方からゲストをお招きするので新郎新婦がゲストの旅費や宿泊費の費用を負担したり、または一定の費用を決め負担したりしているようです。

ゲストご自身の旅費をすべてご自身で負担してもらう際はご祝儀をいただかない配慮をとっているそうです。おふたりで、ゲストの旅費・宿泊費の負担の件やご祝儀はいただかないで旅費などをゲストに負担してもらうのかをよく相談して、出席の有無も含め招待状に書いて送るとスムーズです。

沖縄リゾートウェディングの魅力は?

沖縄でウェディングをする魅力は、なんといっても世界有数の美しいビーチ&リゾートを目の前に挙式ができるところです!

きれいなオーシャンビューに囲まれたステキなチャペルで、感動的なセレモニーを実現できます。

 

沖縄は日本国内なのでゲストを招きやすく、たくさんの祝福に包まれたパーティも叶います。

海外リゾートと比べると、言葉も通じるし、移動距離も近い!安い!パスポートや病気になってしまった時の手続きなどの心配もないので安心です。

また、挙式の後は、新婚旅行や家族旅行を兼ねて、のんびり過ごすこともできます。お仕事のお休みが取れるのであれば、式と旅行をまとめて一緒に行う方が経済的☆

魅力いっぱいの沖縄リゾートウェディングです☆

持ち込み料金とは?

お衣装のドレス・タキシード、引き出物などをご自身で持ち込みたい!という場合に発生する料金の事です。

衣装以外にも、ビデオ業者さん・ヘアメイクさん・ペーパーアイテム…などにも持込料がかかる場合があります。

 

お持込料金が発生してしまうのには、ちゃんと理由があります。

持ち込まれたものを結婚式場で保管し、衣装なら、シワになっていたらアイロンをかけたり、ほつれや汚れなどがないかなどのチェックをしなければいけません。 式場側からはその保管料・管理料です。責任を持ってしっかり保管しなければ会場側の責任になってしまします。

持ち込み料の仕組みを理解し、持ち込みをするかどうか相談してみてくださいね。

ウェディングの種類はどんなものがあるの?

チャペルウェディング、フォトウェディング、ビーチウェディング、レストランウェディング、ホテルウェディング、ガーデンウェディング、ハウスウェディング、​琉球結婚式などがあります。

 

チャペルウェディング:

会場がチャペルになっている結婚式です。眺めの美しい高台・沖縄では海が目の前に見えるなど、リゾート感あふれる立地のものが多く、ロケーションにこだわりたい方にオススメです。沖縄ではきれいなチャペルで景色を満喫しながら、挙式が行えます。チャペルはお城のような可愛らしい建物であったり、海外の教会を感じさせるような木造のデザイン、きれいなステンドグラスやガラス張り、沖縄の要素を取り入れたチャペルなども魅力です。

https://www.e-bridal.tv/chapel/

 

フォトウェディング:

写真撮影のみのウェディングです。時間に余裕を持って思う存分ステキなシーンの撮影ができます。沖縄のきれいな海を背景に行なうビーチフォトは、一生の記念になること間違いありません!地元沖縄のカップルもビーチフォトを挙げられるお客様も多くいらっしゃいます。また、撮影のみなのでリーズナブルな料金で済ませられたりオプションを付けるとステキなアイテムを使用してこだわりのある特別な撮影もできます。最近ではトラッシュ・ザ・ウェディングと呼ばれるドレスのまま海に入れるビーチフォトもあります♪フォトウェディングは色んなスポット・撮影時間帯で様々なシーンの撮影ができるところも素敵です。

https://www.e-bridal.tv/photo/

 

ビーチウェディング:

ビーチウェディングとは、屋外のビーチでの結婚式です。沖縄の美しい自然、青い海、青い空、白い砂浜に包まれて解放的なセレモニーが行えます。ビーチならではの演出も魅力です。気になる天候についてですが、こちらはプランナーの方に事前に相談しておいたほうが安心です。雨の日のなどは、ホテルやレストランなどの屋内型に変更してもらえるところがほとんどのようです。プランの天候不良事についてなどは注意事項などからも確認できます。高齢の方や体調面で長時間の屋外に抵抗を感じる方もいらっしゃいます。屋外で披露宴まで行なう場合は、ゲストの年齢や好みなどを考えながら無理のないプランを立てましょう。

https://www.e-bridal.tv/beach/

 

レストランウェディング:

普段はレストランの会場であげる結婚式です。アットホームなスタイルで、こだわりのお料理とともに大切なゲストをおもてなしできます。料理が魅力なのはもちろんですが、のんびりとしたオリジナルな進行も可能です。

https://www.e-bridal.tv/restaurant/

 

ホテルウェディング:

ホテルが会場の結婚式です。ホテルなので、宿泊設備や環境が整っていることも魅力です。ご両親やご年配の方にも馴染みのあるホテルウェディングは代表的です。

https://www.e-bridal.tv/hotel/

 

ガーデンウェディング:

ガーデンウェディングとは、屋外のガーデン(庭)での結婚式です。南国沖縄の自然にかこまれながら開放感のある挙式が行えます。気になる天候についてですが、こちらはプランナーの方に事前に相談しておいたほうが安心です。雨の日のなどは、ホテルやレストランなどの屋内型に変更してもらえるところがほとんどのようです。プランの天候不良事についてなどは注意事項などからも確認できます。高齢の方や体調面で長時間の屋外に抵抗を感じる方もいらっしゃいます。屋外で披露宴まで行なう場合は、ゲストの年齢や好みなどを考えながら無理のないプランを立てましょう。

 

 

ハウスウェディング:

素敵な邸宅で大切なゲストをおもてなしできるウェディングです。ゲストとの距離も近く、プライベートな雰囲気が魅力です。

https://www.e-bridal.tv/house/

 

琉装結婚式:

和の装いとは別の、沖縄ならではの古式ゆかしいスタイル。琉球王朝時代、王族・士族のみが着用されていた琉装を身にまとい、厳かな挙式が行えます。沖縄らしい民族衣装を着て、琉球の古典音楽を聴きながら沖縄の情緒あふれる挙式ができます。

https://www.e-bridal.tv/ryukyu/

ドレスや衣装はどんなものがあるんですか?

結婚式のドレス・衣装選びは女性にとっては一番!と言っていいほど大切!より美しい花嫁さんになる為に自分にあったドレスを選びたいですよね。

 

ウェディングドレスのデザインは、「Aライン」「プリンセスライン」「スレンダーライン」「マーメイドライン」「エンパイアライン」など様々な種類があります。

例えば「プリンセスライン」なら、ウエストからスカート部分が裾に向かって大きく広がるデザインで、華やかで可愛らしいイメージを持ちます。スカートのボリュームでお腹も隠れるので、マタニティ花嫁さんにも人気のデザインです。

「マーメイドライン」は人魚のように上半身はピタッとしていて、腰あたりから裾に向けて人魚の尾びれのように広がっているデザインです。体のラインが綺麗に見えるのでスタイルに自身がない方でも美しく着こなせる事でしょう。

 

このように様々なラインがあるのでぴったりなドレスが絶対に見つかります☆

他には、和装の白無垢(しろむく)色打掛(いろうちかけ)があります。また、沖縄ならではの「琉装」も。せっかくの沖縄ウェディングなので伝統衣装で登場してみてはいかがでしょうか☆

 

花嫁さんの雰囲気と会場の広さやイメージに合わせて選ぶ事をおすすめします。

ウェディングドレスのショップにはドレスコーディネーターが専属でご提案とお手伝いをしていますので、まずはたくさん試着し、イメージにあった衣装を探してくださいね☆

ウェディングの節約術はありますか?

ブライダルフェアや、見学ツアーなどに参加すると、プレゼントや特典がもらえたりします。

他には、契約前に「何かサービスはありませんか?」や、「このオプションの料金をサービスしてくれたらすぐここに決めるんですが...」など、契約前に聞いてみて下さい。この場で成約を取りたい企業にとってはサービスしてくれる可能性があります☆

また、期間限定のプランや仏滅や平日に挙式を挙げると料金がお得になるプランもあります。

 

他には、ヘアアクセやウェルカムスペースを手作りのものを使うなどして、費用を抑える方法もあります。ただ、持ち込み料が発生する場合もありますので、事前に確認しましょう。

 

一生に一度の結婚式だからこそ、素敵なウェディングにしたいですよね。そうは言っても、結婚はゴールではなく始まりです。

今後の結婚生活なども含めて相談しながら計画を立てるといいですね。「ウェディング」を一言で言ってもチャペルウェディング・フォトウェディング・ビーチウェディングなど様々なウェディングがありますのできっとお二人にあったウェディングが見つかると思います。

ゲストってどのぐらい呼ぶものなの?

沖縄のリゾートウェディング挙式では、親戚、友人を招待する場合は40名〜50名程が一般的です。

最近では、お二人だけの挙式や、ご家族だけで旅行も兼ねて楽しんでもらいたいという方や、親族のみ(平均約16〜20名)をご招待し、地元に戻ってから友人たちとお披露目パーティを開くという方も多くなっています。

 

ゲストは人数が増えれば増えるほど、旅費や宿泊費がかかってしまいますので二人でよく話し合いましょう。

挙式後にゲストとパーティをしたい!

挙式後の披露宴は、ブライダルサロンや旅行会社などで、挙式と併せて手配することが可能です。

 

沖縄のパーティ会場では、リゾートを満喫出来る絶景のロケーションの中、シェフが作る美味しい食事を堪能できます。エイサーや琉装入場など沖縄テイストを取り入れた演出やお料理が人気です。

最近では、1.5次会も人気です。1.5次会は、披露宴ほどフォーマルすぎず、二次会ほどカジュアル過ぎないパーティーです。コース料理はもちろん、立食、着席、ビュッフェなど、お好きな形式にできるのも魅力ですね☆

結婚式披露宴と二次会を一緒にまとめて挙げたい方におすすめです☆

データ送信中