クリップしました

クリップ一覧を見る

チャペル見学に行ってきました!~アリビラ・グローリー教会編~

チャペル見学に行ってきました!~アリビラ・グローリー教会編~

去年ウミガメが産卵をしに来たことでも有名な二ライビーチ。
沖縄でも有数の美しさを誇る天然ビーチなんです!その絶好のロケーションに建つアリビラ・グローリー教会☆。

TUTU沖縄さんの特別な計らいにより、挙式のリハーサルを拝見させていただけるということで取材に行って参りました!!
今回は、サンネットインターンシップ中の和田がレポートします♪

 

アリビラ・グローリー教会到着後、さっそくチャペルプランナーさんに教会内を案内していただきました。

木製の荘厳な扉を開け、赤と白の神聖なバージンロードの先には、大きな窓があり、そこからは息を呑むほどの美しい海が!!

天井が高く声が響き、教会内が木のぬくもりで包まれているので、とても静かで厳かな気持ちになります。ピンっ。と張りつめた緊張感がありました。

日常とはかけ離れた雰囲気と教会内の美しさ、そして窓から見える絶景にしばし見とれる私たち。

その美しさは言葉になりません・・・。うっとり・・・♡

そして、スタッフそれぞれの視点で教会内をチェック・・・とかなり自分勝手な行動をしているスタッフ一同です・・・。

プランナーさんによると、アリビラ・グローリー教会は、式を挙げる時間帯、季節によって雰囲気が変わるとのこと!
午前中は、バージンロードにステンドグラスが写りこみ、海のグラデーションが最も引き立つ時間帯です。
午後は、カーペットに十字架が写り、海がきらきら輝きだします。

冬場ですとだいたい17時30分ころ、夕日が海に沈んでいく様子も見られるそうです。

どの時間帯でも素敵な式になるに違いない!私だったら・・・と考えると本当に迷ってしまいます!

 


夜は、琉球ガラスのキャンドルスタンドに水を張り、キャンドルを浮かべて幻想的な演出ができるそう。

「こんな感じですよー!」と プランナー さんがキャンドル受けを設置してくれました。

ユラユラ揺らめくキャンドルの灯が・・・あぁ、、、ナイトウェディング♡も外せない!っとイメージが膨らみます!

プランナーさんの優しさと気遣いに感謝です♡

厳格な雰囲気の教会内は、バージンロードの長さ14メートル、天井8メートル、収容人数100名と県内でも最・大・級!

多いときは立ち見の方も併せて120~130名の参列者がいらっしゃるとのこと。
これなら、招待客の多い沖縄の結婚式にも十分対応できます!

年間600組~700組のカップル♡が、ここアリビラ・グローリー教会で式を挙げているそうで、見学して説明を伺うと、その人気に納得です。

教会の祭壇の横には、シルバーのトンカチ(?)が、、、。なぜ?
「何に使うんですか?」
そこには二人の名前だけが書かれた金色のプレートがそっと置かれていました。

これから同じ苗字になる、そのアルファベットの頭文字が彫られている銀色のハンコのようなものを二人でそのプレートにトントン♪と刻み込むという、素敵な演出。そのプレートは、ずっとずっと、このアリビラ・グローリー教会で、保管されていくそうです♡。

結婚式を挙げた教会に、二人の名前が刻まれて、足跡が残っていくので、結婚式を終えた後にまた沖縄を訪れて見るという楽しみが増えます!

記憶だけではなく、形になって二人の思い出を残すことができるのでアリビラ・グローリー教会が一生特別な場所となるのですね。


そして教会の外にもご案内頂きました!

教会のすぐそばには、小さな庭があり、そこにウェディング・ベルが☆!
今回は和田&新垣ペアで鳴らさせていただきました。

プランナーさんがおっしゃるには

「ウェディングベルは、ならせば鳴らすほど幸せになれる♡」

そうです。

新垣と和田が二人で何回も鳴らしたことは言うまでもありません。

そして今回の最大の目的である、この日に挙式をあげるお二人のリハーサルを拝見させていただいただきました 。

まず、新郎様が扉の中央に立ちます。そして扉オープン☆!先に新郎様だけ教会内に入り、聖歌隊の方から説明を受けます。
扉の前では、もうひとりの聖歌隊からレクチャーを受け、新婦様とお父様がバージンロードの歩き方を練習しています。
再び扉が開き、新婦様とお父様が入場します。

私たちも教会内に入らさせていただきました!

聖歌隊から式進行の説明を受けているところでした。
新郎新婦の立ち位置、指輪の交換☆、結婚誓約書へのサインの仕方、ネームプレートの刻印方法♡、ベールの上げ方など丁寧に聖歌隊から教わります。

アリビラ・グローリー教会では、挙式中、プランナーの方はチャペルに入らず聖歌隊2人とオルガニストと牧師さんの4人だけで進行されるそうです。

ですのでリハーサルも、神聖な教会の雰囲気を壊すことがないよう、、祭壇に上る方々だけで、進行の説明をし、式を取り持つのでしょうね・・・なるほど!
そんな小さな心遣いが、この教会の厳粛さより一層強くしているように思えました!!


挙式本番終了後、教会から新郎新婦様が出てくる際の、フラワーシャワーにも参加させていただきましたが、お好みでバブルシャワー(参列者がシャボン玉を飛ばす)もできるそうで、こちらもかわいらしい挙式になること間違いなし!

リハーサルだけでも、本番同様緊張感のある雰囲気で、サンネットスタッフ一同ドキドキ♡していました。
やはり、白と赤のバージンロードを歩く姿は、正統派の教会というイメージで、これから二人で人生を歩んで行くんだと決心する気持ちが高まりそうです。

一生思い出に残る特別な日にピッタリな教会だなと、リハーサルを拝見させていただき感じました。

 


リハーサルの後に本番が始まったので、少しだけ雰囲気を味わわせて頂いたのですが、これがもう何とも言えない感動だったのです!

本番の式が始まったとき、新婦様がお父様と腕を組んで、扉が開く前に、新婦様が「お父さん、右足からだよ」と歩き方を確認すると、「、、、、うん。」とぶっきらぼうにお答えするお父様の言葉。

そんなやり取りが何度かあって、
パッ☆とバージンロードへと続く目の前の扉が開いた瞬間、涙、、、、涙、、、、。

お父様の手を離れ、新郎様のもとへと歩いて行く新婦様の姿を想像しただけで、寂しい気持ちと幸せな気持ちが混ざって・・・!涙が止まりません!!!

取材日に初めて会った新郎新婦様ですが、これほど感情移入して感動するとは思いもしませんでした。

この幸せに包まれる瞬間に立ち会えて本当に感激しました!

 

そして式を終えた直後の新郎新婦にもお話を伺いました♪

Q:式を終えての感想を教えてください!
A:教会がとてもキレイで本当に良かったです。想像以上にとても良い式になりました。

Q:どうして沖縄で式を挙げようと思ったのですか?
A:一年前に沖縄に旅行で来た時にプロポーズして、思い出の場所で結婚式をしたかったからです。

Q:アリビラ・グローリー教会を選んだ理由は?
A:まず、海が見えて、格式のある教会がいいと思って。色々考えましたが、天井が高くて教会自体もとてもきれいだったのでここに決めました。

Q:遠い沖縄での式で心配なことはありませんでしたか?
A:特にありませんが、式の時間帯は西日が強くなるということで心配でしたが、思ったより大丈夫で、逆に西日が差し込んで、シルエットがきれいに見えて良かったと思います。

Q:これからアリビラ・グローリー教会で式を挙げる方にメッセージをお願いします!
A:沖縄の中では教会らしい教会で、沖縄で一番の教会だと思います!本当にオススメです!

ありがとうございました♡

新郎新婦様がとても笑顔で優しくお答えいただき感謝感激・・・♪
とても幸せそうで美しい新婦と、その横で優しく微笑む新郎・・・。鳴呼・・・憧れます。。。♡

式が終わると新郎新婦様は隣接するホテル日航アリビラに場所を移し、写真撮影☆
ホテル日航アリビラ内は、写真撮影スポットとしてもとても趣のある素敵なホテルなのです!
プールサイドには真っ白な階段に、絶妙なコントラストのピンクのブーゲンビリア。

奥には噴水もあって、教会だけではなく、ホテル全体が二人を祝福しているみたい!!

 

ここで同行した先輩二人の感想を聞いてみました!バトンタッチ

********* 新垣的目線*********

すごく厳かな教会で、なんだかほどよい緊張感。結婚という儀式がすごく神聖なものだということを改めて実感しました。

 

<ママ目線>

いつも暴れん坊の子供も、厳かな雰囲気で少しはおとなしくなると思います。
お子さんは待ち時間などは、天使を数えてみるのはどうでしょうか。
私も数えてみましたが、案内していただいた部屋だけでも、47人の天使が。
なんだか、うちの息子にムチムチ感が似ています。

 

おむつ替えマットなどはありませんでしたが、隣接したホテルもありますし、控え室が広いので大丈夫だと思います。

また、バリアフリーですので、車いすやベビーカーも持ち込み可能です。

教会のそば、ホテルに入る手前にハンモックもありました☆。思わず乗ってみました。子どもも喜びそうなので、休憩時間などに遊べるアイテムの一つです!!

トイレの鏡が全身鏡で大きくて、さらに鏡の隣には、バックを置くスペースもありました。

女性にはうれしいポイントですね♡

********* 瀬長的目線*********

印象的なアリビラ・グローリー教会。
併設しているホテル日航アリビラと同様、スパニッシュ・コロニアル様式の赤瓦屋根と白壁が秋のどこまでも澄み渡る空と青い海によく映えます。

外観同様、教会内も伝統的なスタイルで、厳格な雰囲気でした。

西向きの海を望む祭壇の両サイドに3枚づつあるステンドグラスですが、よくよく見ると上部の花のモチーフが全部違うお花なんです♡

プルメリアにハイビスカスにブーゲンビリア、アラマンダ。

沖縄の色あざやかに咲き誇る花々が並んでいて、それに気づけたことがうれしかったです♪

ブライズルームも私好みのガーリーな部屋でもうときめき♡っぱなしでした!

本当に素敵な挙式でお二人とも「期待以上でした」と大満足の笑顔に私まで幸せな気持ちになりました♪

***************************

 

先輩!さ、さすが視点が違います。勉強になりました☆

挙式がない時であれば、教会内の見学もできるそうなので一度この神聖な雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか!?

一度見学すると、誰もがアリビラ・グローリー教会のファンになること間違いなし!

日常では味わえない厳かな雰囲気と、木のぬくもりに包まれた美しい教会を是非とも味わっていただきたいです。

普段見る機会のない結婚式リハーサルにお邪魔して、興奮気味に帰社したサンネットスタッフでありました。

追記
私も早く結婚したいっ!!
実は おうちでこっそりウェディングステップの練習してます♪

 

 

特集記事:お二人だけの結婚式

アリビラ・グローリー教会

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK