クリップしました

クリップ一覧を見る

沖縄の前撮り費用相場は?チェックポイントや価格を抑えるコツも紹介

沖縄の前撮り費用相場は?チェックポイントや価格を抑えるコツも紹介

フォトウェディングの予約ができる
ポータルサイト

フォトウェディングをさがす

前撮りスポットとして人気の沖縄。その費用相場をご存じでしょうか?
沖縄での前撮り写真は、思い出作りのほか、結婚式の装飾用としても使われます。南国ムードたっぷりのウェルカムボードをかざったら、ウェルカムスペースがパッと明るくなりますよね。

しかし、やっぱり心配なのが費用です。結婚式前は何かとお金が必要なことも多く、なるべくリーズナブルに抑えたいところです。
そこでこの記事では、沖縄の前撮り費用相場や費用を安く抑えるコツなどをご説明します。

 

前撮りの種類とそれぞれの相場

結婚式の前撮りには、屋外で撮影する「ロケーションフォト」と、スタジオで撮影する「スタジオフォト」があります。

ロケーションフォトは撮影枚数が多いですが価格が高め。スタジオフォトは価格が安いですが、撮影枚数が少なめと、どちらも一長一短です。
まずはそれぞれの特徴をご説明します。

ロケーションフォト

屋外のさまざまな景色を背景に撮影できるのがロケーションフォトの特徴です。ロケーションの種類は地域によって変わるので、地域色を強く出せる魅力があります。

例えば沖縄では、ビーチをバックにしたロケーションが人気。沖縄でしか撮れない写真を残せるため、遠方から撮影する方も多いです。

費用相場は撮影枚数によってさまざまですが、50~200カット撮影する、10~15万円くらいのプランがよく選ばれています。

また、撮影枚数が100枚以上のプランが多いため、写真を多く残したい方におすすめです。自分たちがやってみたいことをとことん叶えられるのもロケーション撮影の魅力ですね。

スタジオフォト

屋内のスタジオで撮影するため、天候の影響を受けにくいのがスタジオフォトの特徴です。撮影日の予定が立てやすく、家族や親族で撮影する方におすすめといえます。

また、夏場の撮影でも汗をかきにくく、メイクが崩れにくい点も嬉しいポイント。撮影時間が長くなっても安心です。

費用相場は、1~100カット撮影で10万円以下のプランが多いです。

ただし、撮影枚数が少なめのため、撮影できる構図は限られます。スタジオフォトを選ぶ際は、撮影したい構図をよく練っておくことをおすすめします。

沖縄の前撮りはロケーションフォトが人気

沖縄では、美しい景色を活かしたロケーション撮影が人気です。
やはり南国の海と空は沖縄ならではの魅力。ハワイやグアムまで行かなくても、羽田から3時間で南国のロケーションが手に入るなんて驚きですよね。

また、毎年多くのカップルがロケーションフォトの撮影に訪れるため、スタジオの数やプランのバリエーションも豊富。
チャペルとビーチで撮影するプランや、ビーチ挙式付きプラン、ドローン撮影演出など、二人がやってみたいと思うことをいろいろできるのも、ロケーション撮影の魅力です。

 

沖縄の前撮りプランを選ぶポイント3つ

プランを選ぶときにチェックする3ポイントをご説明します。

何も知らずに選ぶと、思わぬ出費に繋がることもありますので、プラン選びのポイントをよく抑えておきましょう。

ロケーションが同じでも内容によって価格が違う

同じロケーションで撮影するプランでも、スタジオによって価格に差があります。

これは、衣装のグレードやプランに含まれる内容などによって変わるので、一概に安いほどよいというわけではありません。

覚えておくべきなのは、撮影したいロケーションがあったら、複数スタジオのプランを見比べるということです。
価格が少し高くても演出が豊富だったり、プラン内容が同じでも少し安かったりすることがよくあるので、よりお得に撮影することができるかもしれないからです。

また、チャペルや観光施設などで撮影する場合は「施設使用料」が必要な場合もあります。施設使用料がプラン料金に含まれるかも確認しておきましょう。

衣装・小物・着付けなどが金額に含まれるか確認する

衣装や小物、着付け代などはプランによって含まれていることも、含まれてないこともあります。
特に小物代は見落としがちな項目で、うっかりすると思わぬ出費が必要になることも。

また、新郎の衣装代やヘアセット代が含まれていないケースもあります。
新婦衣装とヘアメイクが含まれているから、当然新郎も含まれていると考えがちですが、よくチェックしておきましょう。

心配な場合は、すべてコミコミをウリにしているプランを探してみましょう。当日手ぶらでOKのため、気軽さも抜群です。

洋装と和装で価格が変わる場合がある

前撮りの衣装は、洋装をベースにしているスタジオが多いため、和装撮影は追加オプション対応のケースがあります。

和装での撮影を考えている場合は、和装撮影プランを選んでおくと安心です。

ほとんどのプラン詳細には「新婦衣装1着」のように、当日着られる衣装の数が記載されています。
これは「ドレス1着」を想定している場合が多く、和装に対応している場合は「和装1着」や「和装対応可能」といったように分けて記載されていることがほとんどです。

また、和装の取り扱いが無いスタジオもあるため、最初にチェックしておきましょう。

 

前撮り費用を抑えるコツ3つ

前撮り費用を抑えるポイントは「タイミング」と「比較」です。

前撮り費用は撮影時期や曜日によって変動するため「タイミング」が重要です。また、基本料金が安くてもプラン内容がまったく違う場合があるため「比較」も重要です。

では、お得なタイミングと比較方法をご説明します。

撮影日はオフシーズンの平日を狙う

特に安く撮影できるタイミングが「オフシーズンの平日」です。
沖縄は観光地のため、シーズンによって航空券や宿泊料が変動します。

7~8月のトップシーズンに沖縄を訪れると、1人あたりの航空券と宿泊費で15万円くらいかかってしまうことも。秋や冬のオフシーズンなら、1人あたり10万円以下に抑えられますので、シーズン選びはとても重要です。

また、土日祝日はプラン料金が高くなるのが基本です。これは多くのスタジオに共通するため、費用を抑えるなら絶対に外せないポイントです。

条件が同じプランを複数比較する

前撮りプランは、条件が同じでも価格や内容が違います。撮影条件が決まったら、複数のスタジオで比較しましょう。

特に比較をおすすめする項目が「オプション」です。
最近のプランは、衣装や小物一式をコミコミにしているケースが多いため、オプションで差を付ける傾向にあります。

アルバムやムービーが付いてくるプランや、ドローン撮影が料金内でできるプラン、食事やドリンクが付いたプランなど、プランごとのお得ポイントをチェックして比較しましょう。

ainowaは一括資料請求可能。WEBから簡単予約

ainowaの便利なポイントの1つに、一括資料請求があります。

WEBページから申し込めば、まとめて資料をもらえるため、手続きの手間が少なく、とっても手軽です。

どんなフォトスタジオがあるのか分からない方や、撮影のイメージが固まっていない方におすすめで、前撮りプラン選びの入り口として最適です。

ちょっとでも沖縄の前撮りが気になっている方は、ぜひ一括資料請求機能を使ってみてくださいね。

資料請求できるフォトウェディング

予約できる前撮りプラン

 

前撮りは、タイミングと比較をポイントに選ぼう

前撮り費用をお得に抑えるにはタイミングと比較がポイントです。

何かとお金が必要な結婚式前、前撮り費用をお得にして、その分沖縄で楽しい思い出を沢山作っちゃいましょう。

費用が心配で思いとどまっている方は、2つのポイントをチェックしてみてください。意外とお手頃な価格に収まるかもしれませんよ。

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK