クリップしました

クリップ一覧を見る

沖縄はフォトスポットの宝庫!まるで海外?ウェディングフォトの最新スポット特集5選~緑ver~

沖縄はフォトスポットの宝庫!まるで海外?ウェディングフォトの最新スポット特集5選~緑ver~

ウェディング診断

リゾートウェディングの醍醐味は、「海外にいるような気分を味わえる」ですよね。沖縄県は国内の中でも大変人気の高いスポットです。
沖縄といえば、「エメラルドグリーンの透き通った海」と「真っ青な空」が思い浮かぶのではないでしょうか。でも、沖縄は海だけではないんです。緑も美しく、海外の挙式のようなガーデンウェディングを彷彿とさせるような異空間を作ることが出来ます。
ナチュラルテイストがお好きな方にも人気が高く、ウエディングフォトで撮るカップルも多くなっています。

 

1. 定番は外せない!不思議な空気の中木漏れ日が神秘的な「フクギの並木」

台風の多い沖縄ならではの防風林として知られているフクギの木が自然と通り道として1㎞の並木道が続いています

フクギの並木ってどんなところなの?

海洋博公園近くにある備瀬地区のフクギ並木って聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。フクギは、沖縄で古くから防風林として用いられていて、特に海の近くにある集落の家の周りに多く植えられています。数千本もあるとされていることもあり、様々なメディアや観光情報にも必ず載っている人気スポットです。

差し込む日差しとフクギの並木でゆっくりとした時間の流れを感じることが出来るので、昔の沖縄にタイムスリップした気分になります。小さい頃はこんな遊びをしていた・・・等、お二人の昔のエピソードを話ながら楽しく和やかなムードの中で写真を撮るのも良いですね。パワースポットとしても知られているので、運が良ければフクギ並木を歩く水牛にも会えるかもしれませんよ。

【アクセス方法】
沖縄県国頭郡本部町字備瀬
那覇空港から約100km(車で110分)

 

2. 長い月日が流れて歴史のある大きなガジュマルの大木の下で愛の誓いをしよう!「旧崇元寺石門」

沖縄ならではの琉球石灰岩がある三連アーチの石門のそばにあるパワー溢れる昔から沖縄にいる妖精きじむなーがいそうな澄んだ空気の中でリゾートウエディングフォトを撮ってみませんか。

旧崇元寺石門って?

沖縄県市にあるお寺で三連アーチ型の石門が今でも残っているので、重要文化財で歴史的建造物にも指定されています。門をくぐると、ガジュマルの大木が現れますよ。

ガジュマルの由来は?

沖縄の地方名ですが、由来は幹や気根の様子である「絡まる」姿が訛ったという説もあります。

旧崇元寺石寺のガジュマルの大木の幹は周囲が12mで高さが10mもあるそうです。沖縄のガジュマルの大木にはキジムナーという妖精が住んでいるといわれているので、妖精にお二人の秘密の約束を決めたり、二人で叶えたい願い事等を伝えながらひそひそ話をしているようなショットを撮るのも良いかもしれません。

【アクセス方法】
沖縄県那覇市泊1丁目9-1
那覇空港から6km(車で約10分)

 

3. ハイビスカスとハイチーズ!海外リゾートに来た気分を満喫「伊江島ハイビスカス園」

沖縄やリゾートの象徴といえるほど有名な花であるハイビスカスは、沖縄のいたるところに咲いています。鮮やかな色のハイビスカスと一緒に撮ることで、華やかな写真を記念に残しましょう。

 

ハイビスカスってどんなお花なの?

昔から沖縄の人々から親しまれて、一年中咲いているハイビスカスは沖縄県の象徴ともいえるほど、有名ですよね。でも、実は沖縄の花ではないのです。ちなみに原産地はハワイ、マスカリン諸島です。ハイビスカスの種類は7,000種類があるといわれています。

ハイビスカスが写真のバックに見えると、とっても華やかになります。赤いハイビスカスは「常に新しい美」「勇ましさ」、ピンクのハイビスカスは「華やか」、白のハイビスカスは「艶美」「繊細な美」、黄色のハイビスカスは「輝き」という意味もあるので、その花言葉を
女性が髪飾りとして耳の横にハイビスカスを付けるのを見たことはありませんか。左に付けるのが既婚という意味になりますので、耳にハイビスカスをつけて写真を撮るのも可愛くてよいかもしれませんね。

【アクセス方法】
沖縄県国頭郡伊江村東江前3614-1
那覇空港から104km(車で120分+本部港から船で約30分+伊江港から約15分)

 

4. ヤシの木をバックにまるでリゾートウエディングに来た気分に!「国道58号線」

那覇市から本島北部までを縦断する沖縄県内の主要道路にはリゾートホテルが立ち並んでいますが、まさに沖縄!といっていいほどの風景が広がります。

 

沖縄のヤシの木はココナッツが出来ないの?

ヤシの木にも種類がたくさんあり、沖縄はトックリヤシ、トックリヤシモドキ、ヤエヤマヤシなどのココナッツが出来るココヤシではないんです。

ヤシの木の緑のバックには、エメラルドグリーンの海と青い空という素晴らしいロケーションの中、お二人がまるで海外に来たようなフォトジェニックな写真を撮ることが出来ますよ。

【アクセス方法】
沖縄県国頭郡恩納村近くの国道58号線
那覇空港から60㎞(車で約75分)

 

5.やっぱりどっちもがいい!緑と青のコントラストが神秘的!今帰仁村のビーチ「長浜」

背丈以上の草や木が生えているのが特徴の長浜ビーチまでの道は、まるで無人島に来たような気分になります。

長浜ビーチはどんなところなの?

沖縄県の北部の国頭郡今帰仁村にあります。長浜ビーチにあるピンクのブランコで一躍有名となりましたが、フォトジェニックなスポットがたくさんある観光客にも人気のスポットです。あまり案内版がなく、なかなかたどり着けないという秘境感を楽しめるビーチでもあります。

長浜ビーチに向かうまでの道に緑がとっても綺麗な木がたくさんあるので、そこでウエディングフォトを撮るのはいかがでしょうか。エメラルドグリーンの海とグリーンの木のコントラストが最強の空間でお二人だけの特別な演出をしてみませんか。

【アクセス方法】
沖縄県国頭郡今帰仁村諸志744
那覇空港から82.5km(車で約110分)

 


いかがでしたでしょうか。海のイメージが強い沖縄ですが、緑もキレイですので、是非ともリゾートウエディングフォトを撮る際には参考にしてみてくださいね。

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK