クリップしました

クリップ一覧を見る

水牛車と自転車で巡る:竹富島紀行

水牛車と自転車で巡る:竹富島紀行

沖縄のスポット紹介:「八重山諸島:竹富島紀行」

今回は沖縄県八重山諸島の1つ竹富島の観光体験です!

石垣島観光の定番、竹富島半日観光はここ石垣島の市街地にある、「石垣島離島ターミナル」から始まります。
桟橋には八重山の各島に向かう船がならび、いつ来ても活気があります。
さて竹富行きの船に乗船しましょう!
10分でついてしまう竹富島は一番人気の島、頻繁に船があるのに、どれもいつも混んでいます。

石垣島離島ターミナル

船でゆられること10分。
平べったい竹富島が近くに見えてきます。
船に弱い人でもこれくらいなら平気ですね、きっと。
上陸すると、竹富島島内の散策ツアーのお迎えのバスが並んでいます。
その中の一つに乗って集落へ。

竹富島紀行:水牛に乗って移動

水牛は普段見慣れた牛よりも大きく、色も真っ黒で、角がねじれているのが特徴です。
牛より圧倒的な迫力があるんですよねー。
迫力通りとっても力持ち!
人間15名以上と、引き車を楽々引いてしまいます。
いざ水牛車に乗車!

ゆっくり

ゆっくり

人が歩くのよりもゆっくり進みます
牛使いのおねえさんが、水牛を導きながら竹富島の歴史や建物の解説をしてくれます。
そして沖縄の楽器三線もひいてくれます。

沖縄民謡の代名詞的なうた「安里屋ゆんた」は
この竹富島が舞台の歌なので、その演奏を聞きながら竹富の街をゆっくりすすむと
ほんとに「沖縄にいるんだ!」っていう気持ちになりますよ。

八重山諸島:竹富島紀行|水牛車の風景

竹富島の街の中心といってもそれほど広くありません。
水牛車は20分ほどで終了です。


自転車で島内1周

それでは今度は、自転車屋さんへ行き
自分で島を一周しましょう。
先程とは違った、海の景色に出会いに見に行きましょう!!!

竹富島:レンタルサイクル(自転車)で島内1周

島の見所は集落の西側にあり、
自転車で順番にめぐるのにちょうどよいサイクリングコースになっています。

「カイジ浜」
カイジ浜:星砂:竹富島

「星砂」で有名なカイジ浜
ここでは、みんなしゃがんで星の砂をとっています。
なるべく人が来ていないところで、採りましょう。
コツは、手のひらの親指の付け根の膨らみを砂に押し付けて持ち上げる。
そこについた砂じっと見つめていると星型のものが混じってるはずです。


星砂を満喫したあとは
自転車で少し移動し、遠浅で綺麗な「コンドイビーチ」へ。

コンドイビーチ:八重山諸島:竹富島

竹富島で一番ひらけた人気のビーチです。
遠浅なので、引き潮のときはずっと遠くまで歩けてしまいます。


竹富で人気のおそばやさん

さて、たくさん自転車をこいで
お腹が空きましたので、竹富島で人気のそば屋さん「竹乃子」へ

竹富島:そば屋:竹乃子

注文したのは、もちろん
「沖縄そば」

竹富島:竹乃子「沖縄そば」

==========
そば処 竹乃子
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
tel:0980-85-2251
==========


お腹が膨れたら
船の時間までは市街を散策。
竹富島の市街を散策

竹富島のシーサー1

そうこうしているうちに帰りの船の時間になり竹富島をあとにしました。

行きの離島ターミナルでは触れていなかったのですが、
石垣島:離島ターミナル

このターミナルの両端にはお土産やさんや飲食店があつまっています。
離島ターミナルのお土産やさん

ローカルなお弁当や手作りスイーツなど、
見ていると時間を忘れるほど沢山の品が所狭しと並んでいます。。

竹富島に行く前のお弁当購入や帰ってきてほっと一服の時に是非どうぞ。


いかがでしたでしょうか。今回の竹富島紀行^^
石垣島から日帰りで訪れることができるので、石垣島でウェディングの後日など観光ついでに足を伸ばしてみていかがでしたでしょうか~

竹富島ツアー
みーぐる沖縄スポーツサイト

クリップガイド

NEXT >>

クリップした施設はから確認できます。

OK